伝説的なドライバーのひとりであるスターリング・モスが、4月12日に亡くなった。享年90歳。

 モスは1951年から1961年にかけて66レースに参戦。マセラティやメルセデス、ヴァンウォールなどで活躍し、合計16勝を挙げた。しかし、選手権のランキング最上位は2位(4回)。念願のチャンピオンには届かなかった。

 F1参戦と並行してスポーツカーレースにも参戦。1955年にはメルセデスのマシンを駆り、ミッレミリアで優勝を果たしている。

 1961年限りでF1を引退すると、翌62年にグッドウッドでクラッシュ。昏睡状態に陥る重症を負ったが、無事に生還することができた。しかしこの怪我の影響もあり、32歳というまだ若い年齢でありながら、現役引退することを決断した。

 1980年代にはBTCCなどいくつかのレースに復帰したが、その後はF1特派員を務めるなど、グランプリの世界で存在感を発揮した。

 2018年の1月には、公の場から引退することも発表していた。

 Motorsport.comは、スターリング・モスのご冥福をお祈りするとともに、彼のご家族、友人、そして多くのファンに対して、哀悼の意を表します。