F1第2戦シュタイアーマルクGPの予選で、マクラーレンのカルロス・サインツJr.は3番手を獲得。キャリアベストの予選結果はチームのガイドがあってこそだったと称賛した。

 悪天候に見舞われたシュタイアーマルクGPの予選で、マクラーレンはサインツJr.とランド・ノリスが共にQ3へ進出。大降りの雨の中行なわれたQ3で、サインツJr.は3番手と好結果を得た。

 サインツJr.は今回の予選コンディションが厳しいものだったと語り、キャリアの中でも最もストレスに見舞われたセッションだったと説明している。

「今日は楽しかったよ。でもかなりストレスフルだったということも言っておかないとね。予選セッションはとてもストレスのかかるものだった」

 サインツJr.はそう語った。

「Q3終盤のように、ウォータースクリーンやアクアプレーニングなんかで何も見えない状態でF1マシンの中で何をしているのか、それを実際に見てもらうのは良いことだろうね」

「背筋を正してグリップしてくれることを信じて行くことで、全てのリスクを背負いつつそのラップに全力を尽くすことができる。だからこの結果はとてもハッピーだ。でも同時に緊張やストレスはすごいものだった」

「セッション前に僕のエンジニアと話をしていて、彼にコレまでで最もストレスのかかる予選のひとつだと言うと、彼もエンジニアの観点からも最も困難なモノだと同意してくれた。彼は素晴らしい仕事をしてくれたと思う」

「前も後ろも何も見えない状態、マシンに乗っている時には完全に視界がなかった。誰がプッシュしているのか、していないのか……他の誰かの邪魔をしたいわけではないけど、トラック上でのポジションはキープしたい。だからこうした状況ではエンジニアが僕らの目なんだ」

 こうした荒れたコンディションの予選から一転、日曜日の決勝レースはドライコンディションとなることが予想されている。サインツJr.はFP2で取り組んだロングランを糧に、レースでもポジションを守っていきたいと述べた。

「明日どうなるかはわからない。だけどFP2で僕らは決勝での適切なタイヤ選択のため、そしてタイヤがどう振る舞うかを確認するために、ロングランに集中してきた」

「走っている他のみんなのエンジンモードや燃料搭載量を知らないから、とても難しいものになる。先週のレースで大きく離れていたとは言いたくはないけど、僕らは通常のポジション、もしくはしかるべき所に戻るだろう」

「だけど予選で僕らは期待以上の結果を出したと思う。だから明日何ができるか見てみよう。僕もワクワクしているんだ」