セバスチャン・ベッテルの後任として、2021年シーズンからフェラーリに移籍するカルロス・サインツJr.(マクラーレン)。フェラーリは今季苦しいスタートを切っているが、サインツJr.はまだ来季の強さを判断できる段階にないとコメントした。

 ここまで第2戦シュタイアーマルクGPを終えた2020年のF1だが、フェラーリはメルセデスやレッドブルに匹敵する速さを見せられておらず、2戦連続で予選Q3に2台を送り込むことができなかった。リタイアが続出した開幕戦でシャルル・ルクレールが2位表彰台を獲得したものの、第2戦はスタート直後にまさかの同士討ち。サインツJr.が現在所属するマクラーレンがコンストラクターズランキング2番手につけているのに対し、フェラーリは同5番手となっている。

 またフェラーリにとって苦しいのは、新型コロナウイルス流行を受けたコスト削減策として、F1は現行マシンを来季も引き続き使用するということだ。さらにマシンとパワーユニットの開発も制限されるため、現在出遅れているフェラーリにとってはかなりの痛手だ。

 フェラーリの不振をどう思うか問われたサインツJr.は、次のように語った。

「たくさんの人がその質問をしてくるよ。僕が心配しているのか、自分の決断を後悔しているのか、とかね」

「その質問は今すぐに答えられるようなものではないと思う。まだシーズンが始まったばかりなんだ」

「レーシングポイントが昨年からどれほど変わるのか、またフェラーリが昨年からどれほど変わるのか……僕たちはもう少し辛抱強く待つ必要がある」

「F1の良いところは、物事が絶えず動いていて、1年であらゆることが変わる可能性があるということだ。だから今起きていることは心配していない。だからこそ、僕はマクラーレンとの時間に集中しているんだ」

「インタビューでも100回くらい言っているけど、僕の今年の目標はマクラーレンのためにベストを尽くすことであって、フェラーリでのことに集中することではない」

「そしてシーズンが終わればすぐにフェラーリに入って、来シーズンをより良くする為にはどうすればいいかを考える時間をとるんだ」

 サインツJr.は以前から、将来が安定していることの重要性を語ってきた。実際、彼がキャリアハイの成績を残した昨シーズンは、初めてF1での複数年契約をマクラーレンと締結した年だった。

「昔から声高に言ってきたけど、初めて2年契約を結んだマクラーレンでは、これまでのチーム、状況で足りていなかった自信を与えてくれた」とサインツJr.は語った。

「もう1年チームにいることが保証されているということは、ある種の安心感を与えてくれる。別のことに集中するのを止めて、今あることに集中できるのは、ドライバーにとって助けになるんだ」

「自分の将来、今後どこに向かって行くのかに関しては、満足している。今の状況で満足できる状況だし、他のことに気を取られずに済むんだ」