2020年シーズンのF1では開幕から苦戦しているフェラーリ。第3戦ハンガリーGP予選でもメルセデスの2台から1秒以上の差をつけられ、セバスチャン・ベッテルが5番手、シャルル・ルクレールが6番手となったが、今季初めて2台が揃ってQ3に進出した。

 ベッテルは開幕戦、第2戦の舞台であったレッドブルリンクと比較して、ハンガロリンクはストレート区間が少ないことがチームに好影響を与えたと考えており、メルセデスを除いたライバルチームに対してはかなり接近していると認めた。なお、決勝ではフロントロウのメルセデス勢と2列目のレーシングポイント勢がミディアムタイヤでスタートするのに対し、フェラーリ勢はソフトタイヤでスタートする。

 第2戦シュタイアーマルクGPに持ち込んだアップデートパッケージは、予選が雨だったこと、そして決勝では同士討ちを起こしてしまったことでまともに評価ができていないが、ベッテルはマシンの状態が良くなっていると語った。

「これまでの週末よりはるかに良くなっていると思う」とベッテルは言う。

「2台Q3に進んだのも初めてだ。オーストリアではストレートで多くのタイムを失ってしまったけど、ここではそれを補うほどたくさんのコーナーがある」

「マシンのフィーリング、バランスは良くなっているから、レーシングポイントだったり、レッドブルやマクラーレンだったり、僕たちの周りにいるチームとの差は縮まっていると思う。それはポジティブなことだ」

「あとは明日のレースに向けて準備を進めていくだけだ。僕たちはソフトタイヤでスタートするけど、前のマシンはミディアム、後ろのマシンはソフトを履いている。やることはたくさんあるけど、何ができるだろうね」

 良いレースができるという希望はあるかと尋ねられたベッテルは、こう返した。

「いつも希望は持っているけど、問題なのはそれが現実的かどうかだ。ただ、僕はレースをして、優勝するためにここに来ているんだ」

「僕たちはここで圧勝したり、自分たちの実力だけで勝つ力は持っていないかもしれないけど、明日はどうなるか分からない。先ほども言ったようにタイヤ戦略が分かれたことが大きな意味を持ってくると思う。僕たちはQ3に残るために(Q2で)ソフトを履くしかなかった」

「明日は面白いレースになると思うよ。天候がどうなるか分からないけど、それもレースを左右するかもしれない。だから僕たちは自分たちにできることをして、レースに最高の状態で臨まないといけない」

 一方のルクレールもベッテル同様、チームが進歩を遂げていることに同意した。

「ああ、感触はかなり良くなったね。5番手、6番手だしね」とルクレールは語った。

「しかもレースペースは予選のペースよりもまだ少し良いと思っている。だから明日はチームにたくさんのポイントを持ち帰ることができるといいね」

「僕個人としてはQ1とQ2のドライビングに少し苦戦したけど、Q3では大分良くなった」