2020年のF1は、ドライバー市場の動きが早くから活発だ。特にフェラーリがシーズン開始前に早々とセバスチャン・ベッテルとの契約を延長しないことを決めたことから、4度のF1王者の来季の行き先について注目が集まっている。

 そして最近になってベッテルは、2021年にレーシングポイントへ加入するのではないかと囁かれるようになった。レーシングポイントは来シーズンからチーム名称を“アストンマーチン”へと変えるが、そのことがメルセデスF1代表のトト・ウルフの関与と結びつける動きとなっても不思議はない。

 ウルフ代表はレーシングポイント、そしてアストンマーチンのオーナーであるローレンス・ストロールとの関係が近く、さらにウルフ代表自身もアストンマーチンの株主なのだ。

 そしてレーシングポイントはメルセデス製のパワーユニットとギヤボックスを採用している。何らかの関与があるのでは……という憶測が発生しても、何ら不思議なことではない。

 しかしウルフ代表はこうした憶測を否定。アストンマーチンの株を所有しているからといって、F1チームと関係があるわけではないと語った。

「私の自動車会社(アストンマーチン)の持ち株は、F1のレースチームとは全く関係がない」と、ウルフ代表はmotorsport.comの取材に答えた。

「ローレンス・ストロールとオットマー・サフナウアー(レーシングポイント代表)、そしてセバスチャンの間のどんな議論にも、私は参加していない」

「当然、私はセバスチャンのことをとても良く知っているし、いくつか社交の場にも出たが、それ以上のことはない」

 ただウルフ代表は、ベッテルがセルジオ・ペレスを置き換える形でレーシングポイントへ加入した場合、多くの恩恵があるだろうとも考えている。

「チェコ(ペレスの愛称)はチームにとって非常に有益な人物であり、良いドライバーで、レーシングポイントもそれは認識している」

「一方のセバスチャンだが、彼は4度F1のチャンピオンに輝いた人物であり、速さや多くのエンジニアリングの専門的知見、さらに重要なマーケティングツールをもたらすだろう」

「だが結局のところ、チームにとって何がベストなラインアップなのかは、ローレンスの決定によるんだ」