2020年のF1は新型コロナウイルスの影響で、3月半ばに開催される予定だったオーストラリアGPが中止になって以降、7月のオーストリアGPまで3ヵ月以上シーズンが中断された。

 当時はヨーロッパでコロナウイルスが猛威を振るっていたこともあり、各チームはファクトリーを閉鎖せざるを得なかった。またFIAは、当初夏に予定されていたファクトリーの閉鎖期間をこの時期に前倒しし、さらに期間も延長することになった。この間はフェラーリやメルセデス、ルノーのパワーユニット(PU)開発もストップすることになった。

 一方、ホンダはそうした期間の一部で研究所を稼働させ、日本でPUの開発作業を続けることができた。

 フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットはハンガリーGPの際、チームが開発を検討していたアップグレードは、ロックダウンの影響でトラックに持ち込むことはできなかったと指摘。暗にホンダを対象にし、彼は次のように語った。

「我々は今季に向けて開発を行なってきたが、今季中には導入できない。開幕前に長いシャットダウン期間があったためだ。ちなみに、これは他のPUメーカーには当てはまらない」

 ホンダが他のメーカーが作業できなかった時期に開発を進めていたことは否定できないが、問題の核心はホンダがこの状況から利益を得ていたかどうかだ。

 では実際、どのようにして平等化が図られていたのだろうか。