2020年のF1でフェラーリは大きく苦戦。メルセデスに挑むことは叶わず、中団チームからの突き上げを受ける状況にある。こうした状況に対し、フェラーリ会長のジョン・エルカーンは、コンスタントに勝利を争えるようになるのは、新レギュレーションが導入される2022年シーズンを待たなければならない可能性を示唆した。

「フェラーリはずっと前から始まっている難しい時期を過ごしている」と、エルカーン会長はイタリアのGazzetta dello Sportに語った。

「我々は2008年以来コンストラクターズチャンピオンシップを勝っていないし、ドライバーズチャンピオンシップも2007年以来獲得していない」

「エアロダイナミクスが優れていたレッドブルが勝利のサイクルを作り上げ、その後は卓越したハイブリッドエンジン技術を持ったメルセデスがいる」

「今年、我々はプロジェクトのミスによって競争力が十分ではない。空力やマシンのダイナミクスには以前から存在していた構造的な弱点がいくつも存在している。また我々はエンジンパワーでもタイムロスしている部分がある」

「現実として、我々のマシンには競争力がない。それはあなた方もトラック上で目にしていることであり、再び目の当たりにすることになるだろう」

「今、我々は2022年のルール改正時にふたたび勝利を取り戻し、競争力を発揮するための基礎を築いている。私はそう確信している」

 またエルカーン会長はこの先2年間でチームがマシンへ大きな変更を加えることを妨げる、シャシー開発の凍結が速さを取り戻せていない主要な要因だと示唆した。

 F1は新型コロナウイルスの感染拡大によって、今季のレース開催に大きな影響が出ている。そのためF1は2021年シーズンに向けた開発を制限することを決定し、各チームは2020年仕様のシャシーを継続使用することになったのだ。

 その点がどの程度フェラーリに影響を与えているかを訊かれると、エルカーン会長は「我々が貧弱なスタートを切ったことを考えれば、かなりのものだ」と答えた。

「我々は現実的にならなければいけない。10年間存在してきた構造的な弱点を認識し、それがハイブリッドエンジンへの移行で強調されていると捉えるべきだ」

「2022年から始まる新ルールに我々は同意したが、それはF1に素晴らしい競争があることが正しいと考えているからだ」

「我々は予算制限が、勝利するための能力を制限するようなものだとは考えていない。我々これをチャレンジだと考えている」

「エンジニアとメカニック、そしてドライバーはその制限の中で強さと創造性を見出し、フェラーリを復活させるだろう。個人的には過去10年の間でこれほどの結束や強い精神は見たことがない」

 こうしたエルカーン会長による復活には時間がかかる、という見解はファンにとっては厳しいものだろう。しかし彼はチームが状況について透明性を持つことが重要だと語っている。

「ファンは我々と同じように苦しんでいる。だが我々は彼らがフェラーリに寄り添ってくれていることを知っている」

「だからこそ、彼らに正直に、明快に向き合うことが大事なんだ。長い道のりが我々を待っているんだ」

「(ジャン)トッドが歴史的な勝利のサイクルを2000年に開くまで、我々は1979年から20年以上に渡って(タイトルから)遠ざかっていた。そして彼がマラネロに到着した1993年からフェラーリが成功を再び収めるまでには時間がかかっている」

「重要なことはコース上でもコース外でも団結したやり方で、“我々の望む”フェラーリを一歩ずつ構築していくことだ」

 またエルカーン会長は、チームの苦戦について追求を受けているマッティア・ビノット代表について完全に信頼していると強調し、解任といった噂を否定した。

「完全に信頼しているよ」と、エルカーン会長は言う。

「マッティア・ビノットは新たな勝利のサイクルを始めるための能力と特性を全て備えている。彼はトッド、そしてシューミ(ミハエル・シューマッハー)と共にフェラーリに居たんだ」

「彼は勝ち方を知っており、来年からは若く、そして野望を持ったふたりのドライバーと共に仕事をすることになる」