F1第5戦F1 70周年記念GPのフリー走行3回目がイギリスのシルバーストン・サーキットで行なわれた。トップタイムを記録したのはルイス・ハミルトン(メルセデス)で、タイムは1分26秒621だった。

 前日に行なわれたフリー走行では、先週のイギリスGPよりも1段階柔らかいソフトタイヤの摩耗にほとんどのチームが苦しんだ模様。限られたセット数のミディアムタイヤ、ハードタイヤを予選・決勝に向けて温存するためか、フリー走行ではソフトタイヤを積極的に使用するチームが多く見られた。今回のセッションでもタイヤ選びには注目と言える。

 気温23℃、路面温度34℃という快晴のシルバーストンで60分間のセッションがスタートした。セッション最初の10分間にフェラーリ勢、ハース勢がハードタイヤでインスタレーションラップをこなした。

 その後マクラーレンの2台がコースイン。ランド・ノリスがソフトタイヤ、カルロス・サインツJr.がミディアムタイヤを履いてタイムを計測した。そしてフェラーリの2台もミディアムタイヤを履いてタイムを計測し、シャルル・ルクレールが1分28秒346でトップタイムとなった。

 その後メルセデスの2台がソフトタイヤで周回。バルテリ・ボッタスが1分27秒509でトップに立つと、ルイス・ハミルトンが1分27秒526でそれに続いた。セッション最初の30分を終え、3番手以下はマックス・フェルスタッペン(レッドブル)、ピエール・ガスリー(アルファタウリ)、ランス・ストロール(レーシングポイント)となった。

 ハミルトンは最初のアタックで使用したソフトタイヤを履いたままコースに留まり、1分27秒280にタイムを更新してトップに立った。

 多くのマシンが2セット目のソフトタイヤを投入してコースに出始める中、ノリスはただひとり新品のミディアムタイヤを履いてアタックし、1分27秒202でハミルトンを上回りトップにつけた。

 残り15分間は新品ソフトタイヤを履いたマシンによるタイム更新合戦となった。メルセデス勢はハミルトンが1分26秒621、ボッタスが1分26秒784でワンツーを取り戻すと、ノリスに続く4番手、5番手にニコ・ヒュルケンベルグ、ストロールのレーシングポイント勢がつけた。フェルスタッペンはセクター1で全体ベストタイムを記録していたが、セクター2のベケッツでストロールに引っかかってしまい、アタックを諦めてしまった。

 レッドブルの2台はその後タイムを更新するが、フェルスタッペンが7番手タイム、アレクサンダー・アルボンが8番手タイムに留まり、セッションは終了となった。結果的にメルセデスは今週末3度のフリー走行全てでワンツーとなり、盤石の体制で予選に挑む。

 3番手はノリス。このセッションでミディアムタイヤを使用して連続周回をしたのはノリス、サインツJr.、ルクレール、ベッテルの4台のみだった。

 4番手以下はヒュルケンベルグ、ストロール、ルクレール、フェルスタッペン、アルボンと続き、9番手エステバン・オコン(ルノー)、10番手サインツJr.というトップ10だった。