F1第8戦イタリアGPで勝利を収めたのは、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーだった。今季はこのイタリアGPを迎えるまで、メルセデスの2台とレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが7戦中5回で表彰台を占めてきたが、彼らが総崩れ……アルファタウリ、マクラーレン、レーシングポイントが表彰台を獲得した。F1の歴史を振り返っても、最大の番狂わせのひとつと言えるだろう。

 しかしレース終盤のガスリーとカルロス・サインツJr.(マクラーレン)の優勝争いは、手に汗握るモノだった。ペースで勝るのはサインツJr.。しかしガスリーはなんとかこらえ、0.4秒差で逃げ切ってみせた。

 なぜガスリーは、ペースに勝るサインツを抑え込むことができたのか? その秘密はサーキットのセクター2にある。

 サインツJr.が乗るマクラーレンMCL35は、ローダウンフォース仕様のセッティングだった。そのため、直線主体であるモンツァのセクター1とセクター3で速さを誇った。一方でガスリーのアルファタウリAT01は、少しダウンフォースをつけたセッティングであり、セクター2で速さを誇った。

 ふたりの差は、サインツJr.がキミ・ライコネン(アルファロメオ)を攻略した直後の34周目には4.3秒開いていた。これが39周目には3.3秒、44周目には2.2秒と、1周ごとに0.2秒程度縮まっていった。ただ、ふたりの差が2秒以内となった後、46周目から51周目までは、ずっと1.5秒前後の差であり、サインツJr.は差を縮めることができなかった。

 この当時のラップタイムの推移を見ると、サインツJr.が一定のペースで走り続けた一方で、ガスリーは自身が得意とするセクター2で全力を発揮。49周目にはこのセクター2の自己ベストタイムを記録している。ガスリーは不利であるセクター1とセクター3で差を縮められるのは許容しつつも、自身に分があるセクター2で出来る限りサインツJr.との差を開こうとしたのだ。

 当時のことについて、ガスリーはレース後の記者会見で、次のように明かしている。

「僕はコーナーでタイヤを可能な限りプッシュした。そのことは明らかに、タイヤのデグラデーションが進むということを意味する。でも、それがラップタイムを上げる唯一の方法だったんだ」

 そうガスリーは語る。

「カルロスがどんどん近付いてくるのがミラーで見えた。そして、ターン1で苦しんでいるのは分かっていた」

「彼が1.5秒差に近づいた時、あまり近付いてこないのを見た。彼が何かを仕掛けてきた時に防御できるように、なんとかエネルギーを節約することができた。彼は後ろにいたけど、ラッキーなことに残りのレースはあまり長くなかった。ミディアムタイヤのゴムは、最後はほとんど残っていなかったと思う」

 ガスリーが言う通り、たしかに最後はタイヤを使い切ってしまったようだ。事実、ラップタイムは51周目からガクンと落ち、サインツJr.との差が再び縮まり始める。ただそれでも、サインツJr.がオーバーテイクを完了することはなかった。1周のペースは自身の方が良くてもセクター2で引き離されてしまい、バックストレートで接近しても最終コーナー”パラボリカ”で再び引き離され……最大のオーバーテイクポイントであるメインストレートとターン1で、ガスリーに近付くことができなかったのだ。

 アルファタウリ・ホンダのフランツ・トスト代表は、これについて次のように語っている。

「サインツは、より薄いウイングで走っていた。だからセクター1では彼らの方が速かった」

 そうトスト代表は語る。

「しかしセクター2では、我々の方が優れていた。セクター2で十分に接近できない場合、スリップストリームを使ってオーバーテイクするには、遠すぎるんだ」

 結局、それがガスリーを守ることになった。

「我々は少しダウンフォースをつけて走っていた。それが分かっていたんだ。だから昨日(土曜日)、ダウンフォースを少し付けた状態でコースに出ることを決めた」

 つまり土曜日に下した決断が、ガスリーとアルファタウリに勝利をもたらした……そうも言えるだろう。