F1では既に2021年の各チームのドライバーラインアップの大半が確定しているが、ハースは今も来季のドライバーを決めあぐねている状況だ。コンビ4年目となるロマン・グロージャン、ケビン・マグヌッセンは共に2020年で契約満了となるが、新しい契約についての交渉はまだ始まっていない。

 ハースはF1の商業面や運営面に関する取り決め、いわゆるコンコルド協定にサインして2021年以降のF1参戦を確定させるまでは、ドライバーとの交渉を行なわない方針だった。そしてハースは先月、コンコルド協定にサインし、近いうちにドライバーラインアップに関する話し合いが始まることを示唆していた。

 また、ハースのギュンター・シュタイナー代表は以前、2022年に技術規則が大きく変わることから継続性を重要視しており、2021年に起用するドライバーを2022年も続けて起用したいと語っていた。

 そして先日、ドライバー市場では大きな動きがあった。セルジオ・ペレスがレーシングポイントを今季限りで離れることを発表したのだ。ハースにとって選択肢がひとつ増えた格好となるが、シュタイナー代表はこの件についてこう答えた。

「我々はいろんな人と話をしている。我々が何を求めているのかを考えた上で、今後どうするのか決める必要がある」

「とにかく、今空席となっているシートは多くない」

「市場に出ているドライバーは皆検討している。我々は全てをテーブルの上に置いて、我々が何を求めているのかを考えている。何をしたいのか? 今いるドライバーをキープしたいのか? 経験豊富なドライバーがいいのか? 若いドライバーがいいのか? もしくはその組み合わせがいいのか? あらゆることを検討している」

 シュタイナー曰く、ペレスとは以前にも交渉をしたことがあるようで、とても良い関係を築いているという。

「私は彼をとても尊敬している」とシュタイナー。

「セバスチャン(ベッテル)の時も同じことを言ったが、F1が彼を失うということは残念なことだ。ニコ・ヒュルケンベルグがここにいないのだってそうだ」

「皆良いドライバーだ。我々がどうするかは分からないが、先ほども言ったように多くの選択肢があるんだ」

 ハースが2021年に向けて候補に挙げているドライバーは何人いるのかと尋ねられたシュタイナーは、「10人近くだ」と答えた。

「今の時点でそれだけいることは驚くべきことだと思う。だから私は落ち着いているんだ」

「(F1には)たった20しかシートがないのに、我々と仕事をする可能性があるドライバーが10人もいることは良いことだ。その内のふたりは既に我々が雇っているドライバーのことだがね」