マクラーレンは、セバスチャン・ベッテルのフェラーリ離脱によって生じたドライバーシャッフルの中心にあったチームだ。

 ベッテルの後任として、カルロス・サインツJr.がマクラーレンからフェラーリに移籍。代わってルノーからダニエル・リカルドがマクラーレンへと加入することになっている。ベッテルは、来季アストンマーチンへと名称を変えるレーシングポイントに加入する。

 2021年の契約が成立したことで、各チームが早めにドライバーを”リリース”し、来季のラインアップを試すのではないかという憶測もあった。

 しかしマクラーレンのCEOであるザク・ブラウンは、チームとしてそうしたことはしないと否定した。マクラーレンはまだサインツJr.と強固な関係を築いており、ドライバーと問題を抱えている他のチームとは違うと考えているためだ。

「今年のドライバーラインアップに満足している」とブラウンは話した。

「我々のドライバーふたりは素晴らしい仕事をしている。他のチームは、ガレージ内が混乱していると思う」

「だから我々は今の調和の取れた関係を続けていきたいと思う。仮にそれを変更したとしたら、それはおそらくガレージが少し不安定になっている他のチームの利益になるだけだと思う」

 マクラーレンは現在、コンストラクターズランキング3番手につけており、メルセデスとレッドブルに次ぐポジションを維持できる可能性がある。

 しかしブラウンはより先を見据えており、レギュレーションが変わる2022年に向けて体制を整えたいと考えている。

「結局の所、我々の目標はトップにいる人達を捕まえることだ。それはかなり長い間メルセデスになっている」

 そうブラウンは語った。

「我々は今、フェラーリと戦っている。それには勇気づけられている。なぜなら、昨年はもちろん、ここしばらくはそういった立ち位置にいなかったからだ」

「我々はギャップを縮めるよう後押しされている。そして、(新しいレギュレーションが導入される)2022年は全てがリセットされると思う。それは我々にとって素晴らしいチャンスを与えてくれる。そうは言っても、ルノーは勢いを増しているし、レーシングポイントも速い。それに彼らは4度の世界チャンピオン(ベッテル)を獲得した」

「つまり我々の前にいる3チーム、今は2チームを捉えたいと思うが、その他のチームにも注意を払う必要がある。さらに予算上限が追加されたら、それら7チームほどが有力候補になるだろう」

「誰もがゼロからのスタートになる。それはつまり、F1に素晴らしい時代が来ることを意味する」