F1第10戦ロシアGPのフリー走行1回目が行なわれた。トップタイムを記録したのはバルテリ・ボッタス(メルセデス)で、タイムは1分34秒923だった。

 2020年シーズンのF1も後半戦に突入。ソチ・オートドロームで行なわれるロシアGPの最初のセッションは、気温26℃、路面温度24℃というコンディションでスタートした。

 まずはレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンを先頭に各車がインスタレーションを開始した。メルセデスの2台は他のチームに先駆けてタイム計測に入り、ボッタスがミディアムタイヤで1分37秒313、ルイス・ハミルトンがハードタイヤで1分37秒716というベストタイムを記録した。

 セッション開始20分が経過した頃から徐々にタイム計測に入るドライバーが増えていった。アルファタウリ・ホンダのダニール・クビアトはミディアムタイヤで1分37秒633をマークし、ボッタスから0.320秒落ちの2番手につけた。

 路面温度が向上していく中で、セッション序盤にメルセデス勢が記録したタイムを上回るマシンが出始める。セルジオ・ペレスが1分37秒304でトップタイムをマークすると、クビアトが1分37秒124でそれを上回った。

 その後、ハードタイヤを履くルノーのダニエル・リカルド、フェルスタッペンも相次いでトップタイムを更新した。その一方でメルセデス勢は、開始30分の段階で早くも2セット目のタイヤを投入。ソフトタイヤのボッタスは1分34秒923というタイムをマークし、フェルスタッペンを1.8秒も上回ってみせた。

 そんな中、カルロス・サインツJr.(マクラーレン)がターン7で体勢を乱し、リヤからウォールにヒット。リヤウイングが外れかける状態となってしまったが、自力でピットに戻ることができた。

 これによりバーチャルセーフティカーが発令されたが、ちょうど1セット目のタイヤ返却時間を迎えたこともあり、このタイミングで各車が続々とピットに戻ってきた。ベストタイム上位6人はボッタス、ペレス、フェルスタッペン、リカルド、シャルル・ルクレール(フェラーリ)、ピエール・ガスリー(アルファタウリ)だ。

 その後先陣を切ってコースに向かっていったのは、15番手タイムとなっているハミルトン。直前に使用したソフトタイヤを返却し、セッション開始直後に投入したハードタイヤでコースに向かったが、ターン2のブレーキングでオーバーシュートしたことでタイヤにフラットスポットを作ってしまった。無線で『タイヤが終わった』と話すハミルトンはその周でピットに戻っていった。

 同じく最初に投入したミディアムタイヤでコースに向かったボッタスも、ターン13のブレーキングでタイヤをロックさせてしまい、そのままピットイン。メルセデス勢はなかなか順調にセッションを進められない。

 残り36分、ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)がターン10でクラッシュしたことにより、セッションは赤旗中断となった。残り29分から走行が再開され、各車が続々とコースインしていった。

 ソフトタイヤを履いたフェルスタッペンは1分35秒577をマークし、2番手につけた。しかし同じくソフトタイヤを履いたリカルドがそのタイムを塗り替え、フェルスタッペンの前に立った。その後は各車燃料を積んでの走行となり、1分40秒〜41秒あたりのラップタイムで周回を重ねていき、チェッカーを迎えた。

 セッションのトップタイムはボッタス。コンマ5秒差の2番手にリカルドがつけ、以下フェルスタッペン、ペレス、ランス・ストロール(レーシングポイント)と続いた。アルファタウリ勢もクビアトが7番手、ガスリーが10番手に入り、アレクサンダー・アルボン(レッドブル)も8番手に入ったため、ホンダパワーユニット勢は4台がトップ10に入る上々の滑り出しとなった。

 一方のハミルトンはソフトタイヤでのアタックを完了できず、ハードタイヤにも早々にフラットスポットを作ってしまった影響で19番手にとどまった。