F1第10戦ロシアGPの予選が、ソチ・オートドロームで行なわれた。ポールポジションはメルセデスのルイス・ハミルトンが獲得した。

 ソチ・オートドローム周辺には大きな雨雲があるもの、サーキット上空には黒い雲は流れ込んでこず、ドライコンディションで迎えた。気温は26度、路面温度はFP3からわずかに下がって34度という中で予選開始時刻を迎えた。

Q1:フェラーリなんとかQ2進出

 18分間のQ1がスタートすると、まずはジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)がいの一番にコースイン。意外なことにミディアムタイヤでタイム計測に向かった。

 次いでメルセデス勢もコースイン。アルファタウリ勢も含め数台がこれに続き、コース上にマシンが増えていった。ただラッセルは結局タイムを出さずにピットイン。無線で「FP3と路面コンディションが全然違う」とチームに報告した。

 バルテリ・ボッタス(メルセデス)は1分32秒656でタイムシートのトップに立ったが、ルイス・ハミルトンは1分34秒台のタイム。さらにターン2でトラックリミット違反があり、このタイムが抹消された。

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、最初のアタックで1分34秒616。2番手につけたセルジオ・ペレス(マクラーレン)が1分33秒704を出す中、フェルスタッペンはポジションを12番手まで落とした。

 ハミルトンは2度目のアタックでボッタスと0.327秒差の2番手に浮上。フェルスタッペンも1分33秒979で5番手までポジションを上げた。

 各車が最初のタイヤでのアタックを終え、ミディアムタイヤでアタックしたエステバン・オコン(ルノー)が16番手とQ1敗退圏内。アルファロメオの2台がそれに続いた。ロマン・グロージャン(ハース)、ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)もアタックを決められず、苦しい状況だ。

 残り時間4分を切ると、各車が2度目のアタックへ。ハミルトンやペレス、4番手のカルロス・サインツJr.(マクラーレン)や6番手のシャルル・ルクレール(フェラーリ)がピットで待機した一方、ボッタスも中古のソフトタイヤで再度コースインした。フェルスタッペンはミディアムタイヤでガレージを出た。

 ソフトタイヤに履き替えたルノーのオコンが3番手、ダニエル・リカルドが4番手にポジションアップ。さらにはロシアGPが母国レースのダニール・クビアト(アルファタウリ)がそれを上回り、3番手に食い込んだ。ミディアムでタイムアップしたフェルスタッペンは5番手となった。

 ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)が13番手に飛び込むなど各車がタイムアップした結果、ガレージに留まったルクレールのポジションは少しずつ落ちていく。しかしなんとか14番手でセッション終了。15番手となったセバスチャン・ベッテルと共に、フェラーリはなんとか2台揃ってQ2に進んだ格好だ。

 結果としてグロージャン、アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)、ケビン・マグヌッセン(ハース)、ラティフィ、キミ・ライコネン(アルファロメオ)がQ1で予選を終えた。ライコネンはターン2でスピンを喫し、最後のアタックは不発に終わった。