レッドブルとアルファタウリにパワーユニット(PU)を供給しているホンダは、2021年限りでF1活動を終了することを発表。レッドブルとアルファタウリは、2022年以降のPUサプライヤーを見つけなければならないという立ち位置にいる。


 ホンダが撤退することで、F1に残るPUサプライヤーはメルセデスとフェラーリ、ルノーのわずか3社。レッドブルとアルファタウリの選択肢は限られている。

 メルセデスは、レッドブルをカスタマーチームに迎えることに前向きな姿勢なのかどうかを訊かれると、メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、”様々な理由”からその可能性を否定した。

「(レッドブルへのPU供給を拒否する)主な理由は、我々のチームを含めて4チームにPUを供給しているということだ」

 そうウルフは語った。

「我々はこれ以上PUを作ることができない状態に近い。キャパシティがないんだ」

「しかし私は、ヘルムート(マルコ/レッドブル・モータースポーツアドバイザー)がプランBを持っていると確信している。おそらく、現在のPUサプライヤーのどれにも頼る必要はないだろう」

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、「メルセデスがエンジン供給に前向きではないことを明確にした」ため、現行サプライヤーに関しての交渉からメルセデスを除外したという。

 ホーナーは2022年に向けた選択肢について、「調査とデューデリジェンス(リスク評価)を時間をかけて行なう必要がある」と付け加えた。

 レッドブルはルノーとの関係を絶とうとした2015年に、メルセデスとPU供給契約について話し合っていたことがあったが、メルセデスの役員会がそれを拒否している。

 当時、レッドブルはフェラーリとも提携する可能性について話し合っていたが、フェラーリは自分たちにとっての脅威になりうると恐れていた。

 現フェラーリ代表のマッティア・ビノットは、2022年からのレッドブルへのPU供給は現在検討しておらず、レッドブルからアプローチを受けた場合にのみ検討すると話した。

「それは今から検討を始める必要があるもので、我々はまだ(方針を)決めていない」

 ビノット代表はそう語る。

「結局のところ、我々にPU供給を求めるかはレッドブル次第だ。彼らは間違いなく素晴らしいチームだから、彼らへのPU供給には多くのエネルギーが必要だと思う」

「我々は自分たち自身のことを整理する必要があるので、タイミング的に時間はほとんどない。2022年はすぐそこだ。ホンダの突然の発表のように、数日前には考慮されていなかったようなモノを検討する必要がある」

「しかしそれは、我々が検討しなければいけないことであり、時間をかけて考え、決断を下す必要があることだ」