F1第11戦アイフェルGPの予選がニュルブルクリンクで行なわれた。メルセデスのバルテリ・ボッタスがアタックをまとめ、今季3度目のポールポジションを獲得した。

 コロナ禍の影響で急きょカレンダーに加わったアイフェルGP。ニュルブルクリンクでのグランプリ開催は7年ぶりとなった。しかし、金曜日はあいにくの天候。濃霧によりメディカルヘリが飛べず、各車1周もできないまま初日を終えた。

 各その結果チームは、60分間のFP3で得られた貴重なデータだけを参考に、予選を戦うこととなった。また、レーシングポイントのランス・ストロールが体調不良によりFP3から欠場。チームは急きょニコ・ヒュルケンベルグを代役に立てて、予選に臨んだ。ヒュルケンベルグは、今季の第5戦F1 70周年記念GP以来のレースとなる。

 予選開始時刻は気温9度、路面温度18度。大きな雲も上空に浮かぶが、ドライコンディションで予選開始時刻を迎えた。

Q1:緊急登板のヒュルケンベルグ、20番手で予選終える。フェルスタッペン首位

 18分間のQ1がスタートすると、ハース勢に続きヒュルケンベルグも早速コースイン。マシンの感触を確かめながら、タイム計測に向かった。

 ヒュルケンベルグの最初のラップタイムは1分32秒19。一方、セッション序盤のトップに立ったダニール・クビアト(アルファタウリ)は1分28秒147というタイムだった。

 その後もタイムシートは変動していき、メルセデスの2台もアタックへ。ルイス・ハミルトンが1分26秒703でトップに立ち、チームメイトのボッタスが0.223秒差で2番手につけた。

 セッション残り時間12分というところで、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンもアタックを開始。セクター1、2で全体ベストを更新し、1分26秒319でトップタイムを塗り替えた。FP3で3番手と好調だったシャルル・ルクレール(フェラーリ)も、ボッタスを上回り3番手につけたが、ボッタスが2度目のアタックでタイムアップ。2番手までポジションを上げた。

 セッション折り返しとなる残り時間9分、最初のアタックを終え、コースに戻るマシンが増え始めた。Q1敗退圏内にいるのはロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンのハース勢2台、キミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィのアルファロメオ勢2台、そしてヒュルケンベルグの計5台だ。

 ヒュルケンベルグは1分29秒792までタイムを上げたものの、15番手とチームメイトのセルジオ・ペレスとは1.712秒差だ。ただ、ペレスはミディアムタイヤを使ってのタイムだった。

 残り時間が5分を切ってくると、徐々に各車が2セット目のタイヤを使ってアタックへ。路面コンディションの改善が大きいのか、マグヌッセンは7番手、ピエール・ガスリー(アルファタウリ)は5番手までポジションを上げた。

 上位4台以外がコースインし、各車最後のアタックに臨む。目まぐるしくタイムシートが変動する中、ヒュルケンベルグはミスがありつつも1分28秒021までタイムアップ。しかし20番手で予選を終えることとなった。15番手でQ2進出を果たしたジョビナッツィとは0.489秒差、10番手だったペレスとは0.901秒差だった。

 結果、Q1敗退はグロージャン、ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)、ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)、ライコネン、ヒュルケンベルグだった。グロージャンはトラックリミット違反があり、タイム抹消の処分を受けている。