F1アイフェルGP前に体調不良を起こし、同GPを欠場していたランス・ストロール(レーシングポイント)。彼はレースウィークエンドの前に受けていた検査で新型コロナウイルス陰性と診断されていたため、今回の体調不良は新型コロナウイルスとは無関係であると思われていた。

 しかしながら、ストロールは10月21日(水)に自身のSNSで、アイフェルGP決勝日の11日(日)に受けた検査において、新型コロナウイルス陽性反応が出ていたことを公表。しかしその後の検査で陰性となったことから、週末に行なわれるポルトガルGPには出走できる見込みであることを明かした。

 今回の一連の出来事を受けて、レーシングポイントはストロールの症状に対してどのように対処していたのか、そしてなぜアイフェルGP期間中のもっと早い時期に検査を受けさせなかったのかなど、いくつかの疑問が浮かぶ結果となった。

 しかしながらFIAは、レーシングポイントがFIAの定める感染防止のためのプロトコル(決まりごと)や医学的なアドバイスに従っていたことを認めている。

 レーシングポイントのチーム代表であるオットマー・サフナウアーは声明の中で、今回の出来事の時系列について説明した。

「ランスが今朝ソーシャルメディアで発表した通り、レーシングポイントは彼が10月11日(日)に新型コロナウイルスの陽性反応を示していたことを認める」

「ランスはロシアGPが行なわれた週から胃の不調を訴えていた。その後何度か、FIAとレーシングポイント独自のプロトコルに従った形で新型コロナウイルスの検査が行なわれたが陰性だった」

「ドイツに到着する前、アイフェルGPが始まる前に行なわれた公式のイベント前検査でも彼は陰性だった。そして土曜日には胃の不調が再発したため、ランスはレースを欠場し、パドックから離れてモーターホームにとどまらないといけなくなった」

 サフナウアーはまた、チームが医学的なアドバイスを求めていたことを強調した。

「ランスは医師に相談したが、医師は彼の症状が新型コロナウイルス感染を示すものだとは考えておらず、検査が必要であるとは言っていなかった。そのため、当時はFIAに知らせる必要がなかったのだ」

「ランスは日曜日の朝、プライベート機でスイスにある自宅に戻った。レーシングポイントの検査プロトコルに沿って、グランプリから帰ってきたチームメンバーが全て検査を受けることになったが、ランスは自宅で検査を受け、翌日には陽性という結果が出た」

「彼は規定に従い、検査をした日から10日隔離を続けた。そして今週月曜日(10月19日)の検査では陰性と診断され、ポルトガルGPに向かえるようになった」

 サフナウアーによると、他のチームメンバーには影響がなかったようだ。

「アイフェルGPに参加したレーシングポイントの全てのチームメンバーはプライベートチャーター機でイギリスに戻り、到着後に全員陰性との診断を受けた。そしてポルトガルGPのイベント前検査でも再度陰性であった」