F1第13戦エミリア・ロマーニャGPのフリー走行がイタリアのイモラ・サーキットで行なわれた。トップタイムを記録したのはルイス・ハミルトン(メルセデス)で、タイムは1分14秒726だった。

 イモラに、2006年以来14年ぶりにF1レースが帰ってきた。イモラでのレースにはこれまで“サンマリノGP”の名が冠されてきたが、今回はイモラのある州の名前をとって“エミリア・ロマーニャGP”として開催される。

 また今回のレースはポルトガルGPからの連戦となるが、イモラまでの移動距離が長いことが考慮され、レースウィークエンドが土曜から始まる異例の2デイ開催となった。土曜日に90分間のフリー走行1回と予選セッションが行なわれ、日曜日に決勝が行なわれる。

 それにより、週末に持ち込まれるタイヤのセット数も変更となっている。今季は1戦あたりソフト8セット、ミディアム3セット、ハード2セットの計13セットが持ち込まれているが、2デイ開催のエミリア・ロマーニャGPでは、ソフト6セット、ミディアム2セット、ハード2セットの計10セットが持ち込まれ、予選までに3セットの返却が義務付けられている。そのため、各チームが90分のフリー走行でどのようなタイヤの使い方をするのかにも注目だ。

 フリー走行開始時の気温は16℃、路面温度は18℃。晴天の下でセッションがスタートした。

 普段は3セッション合計で240分あるフリー走行がわずか90分しかないということもあり、各車続々とコースイン。開始直後から大混雑となった。タイヤはニコラス・ラティフィ、ジョージ・ラッセルのウイリアムズ勢、そしてダニール・クビアト(アルファタウリ)がミディアムタイヤを選択し、その他はハードタイヤを履いた。

 序盤は走るたびにタイムが上がっていき、トップが目まぐるしく入れ替わる展開に。マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が1分17秒047を記録し、トップで最初の10分間を終えた。そして、イモラに程近いファエンツァに拠点を置くアルファタウリのピエール・ガスリーが2番手に続いた。

 フェルスタッペンとガスリーが好タイムを記録していく中、フェルスタッペンは13周を走行し、1分15秒912までタイムを伸ばした。

 セッション開始から20分が経過した。各車は1セット目のタイヤで10〜15周を走った後にピットインしたが、バルテリ・ボッタス(メルセデス)らは早くも2セット目のタイヤを履き、コースへと出ていった。ボッタスはミディアムタイヤで1分15秒783を記録し、トップに浮上した。

 多くのドライバーが2セット目にミディアムタイヤを履いてコースに出る中、フェラーリ勢やフェルスタッペンはソフトタイヤを選択。フェルスタッペンは1分15秒338にタイムを更新してトップに立った。2番手にミディアムタイヤのハミルトンが続き、3番手に同じくミディアムタイヤのボッタスとなったが、ボッタスは早くもこのセッション3セット目となるソフトタイヤを履いてアタックに向かった。

 そのボッタスが1分15秒218にタイムを伸ばしてトップに立ったが、フェルスタッペンが新品ソフトタイヤを投入して1分15秒023でそれを塗り替えると、ハミルトンも1分15秒212で2番手につけた。ハミルトンは残り時間30分を前に、2度目のアタックで1分14秒726を叩き出しトップに立った。

 中団チームの中では、ルノーの2台もソフトタイヤでアタックし、ハミルトン、フェルスタッペン、ボッタスのトップ3に続くタイムを記録した。一方でアルファタウリやフェラーリといったチームはロングランを重点的に行ない、セッション終盤まで2セットのタイヤでプログラムをこなしていった。

 セッション最後の10分間では、多くのチームが中古タイヤで最後の確認を行なっていたが、アルファタウリはここでソフトタイヤを使ったアタックを敢行。ガスリーは最初のアタックで6番手タイムを記録すると、2度目のアタックでは4番手に。ルノーの2台を上回ってきた。クビアトもルノー勢に肉薄する7番手タイムをマークした。

 セッション終了間際は全車がコースインしており、各所でトラフィックが発生する中、新品ソフトタイヤを入れたシャルル・ルクレールが5番手に浮上。これでチェッカーフラッグが振られ、フリー走行が終了した。

 トップタイムはハミルトン。2番手と3番手にはフェルスタッペンとボッタスが入り、今季の“3強”が順当なタイムを出した。4番手にはガスリー、5番手にはルクレールが続き、アルファタウリとフェラーリのエースが前戦ポルトガルGPに続きフリー走行から速さを見せた。