11月4日、アルファタウリ・ホンダはイモラ・サーキットでプライベートテストを実施する予定になっている。この日走行するのは2年前のF1マシン“トロロッソ STR13”であり、角田裕毅がステアリングを握ることになっている。角田にとってこれが、F1マシンを始めてドライブする機会ということになる。

 このテストに先立ち、アルファタウリのフランツ・トスト代表は、エミリア・ロマーニャGPの際に、今週行なうテストについて次のように説明した。

「角田裕毅は、F1マシンに慣れなければならない。そしてこれが、彼にとって始めてF1マシンをドライブするチャンスとなる」

 そうトスト代表は語った。

「だが舞台はここイモラだ。簡単なコースではない。しかし私は彼に、何をすべきか、可能な限り最善の方法で示そうと思う。そしてバーレーンまたはアブダビのFP1で走る許可を得るために、彼に300kmを走らせたいと考えている」

「どれだけFP1を走る必要があるのかを確認する。それは、彼がFIA F2のランキングを何位で終えるのか、それ次第だ。彼が上位4人に入った場合、スーパーライセンスを手にすることができる。5位だったら、FP1を2回走る必要があるだろう。それも、スーパーライセンスポイントに加算されるからね」

 スーパーライセンスを取得するためには、直近3年でスーパーライセンスポイント40ポイントを手にしなければならない。角田は2018年はFIA F4の日本シリーズでチャンピオン(12ポイント)を獲得、2019年はユーロ・フォーミュラ・オープンでランキング4位になり、7ポイントを手にした。つまり、ここまでで19ポイントを手にしていることとなる。

 今季参戦中のFIA F2でランキング4位以上に入れば、スーパーライセンスポイントの合計が40を超えるが、5位だと20ポイントしか加算できず、必要ポイントに届かない。ただ今季はF1のフリー走行を走れば1回あたり1ポイントを手にできるため、ランキング5位だった場合は、この合わせ技で40ポイントを満たす……その可能性も視野に入れているというのだ。

 この角田も含め、エミリア・ロマーニャGPで4位に入賞する活躍を見せたダニール・クビアト、レッドブルを追われる可能性が示唆されているアレクサンダー・アルボンも、来季のアルファタウリのドライバー候補である。

 決断はいつ行なわれるのか? それについてトスト代表は、次のように語った。

「すぐに決定が下されると思う。それは、レッドブルが決めることだ」

「急いではいない。シーズンが終わる前に決めてもらえれば大丈夫だ。角田裕毅がF2のランキング何位になるのかということも、重要な要素になるだろう」

「ホンダとの関係次第ということではない。彼のパフォーマンスが重要なのだ。スポンサーとの関係も特に重要ではない。トロロッソでも、アルファタウリになっても、そういうことはなかった」

「F1ドライバーとして成功するために必要な能力とスキルを、そのドライバーが持っていることを確信する必要がある。我々は、レッドブルの姉妹チームだ。彼らは我々に、良いドライバーを期待しているのだ」