F1第14戦トルコGPのフリー走行1回目が、イスタンブール・パーク・サーキットで行なわれた。トップタイムを記録したのはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)で、タイムは1分35秒077だった。

 2011年以来9年ぶりの開催となるトルコGPは、コロナ禍の影響で急遽カレンダーに追加されたレースのひとつ。現役ドライバーの多くが未経験のチャレンジングなコースだ。なお、今回のレースを前にイスタンブール・パーク・サーキットの路面が再舗装されている。

 FP1開始時のコンディションは気温14℃、路面温度18℃。セッション開始直後から多くのマシンがコースインしていった。

 ほとんどのマシンがハードタイヤでコースインしたが、グリップレベルはかなり低いようで、フェルスタッペンは「氷の上を走っているみたいだ」と笑いながら報告。他のドライバーも一様にグリップ不足を感じているようで、各車インスタレーションラップをこなしてピットへ。セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)とカルロス・サインツJr.(マクラーレン)のみがタイムを計測したが、いずれも2分台とかなりスローな周回であった。なお、サインツJr.のタイムは後に抹消された。

 その後、セッション開始5分を過ぎようとするタイミングで赤旗が掲示された。シャルル・ルクレール(フェラーリ)が挙動を乱してピットロード入り口手前のボラードを跳ね飛ばしてしまっており、安全を確保するためこのタイミングで処理が行なわれた。

 セッションは10分足らずで再開となり、まだコースインしていなかったバルテリ・ボッタス(メルセデス)がタイム計測をスタートしたが、ターン1を中心にコースの一部が濡れていることもあり随所でカウンターステアを当てながらの走行に。最初に計測したタイムは抹消されたが、翌周1分44秒948をマークし、1分43秒009までタイムを伸ばした。ただ、2005年〜2011年にかけて行なわれたトルコGPの当時の予選タイムが1分20秒台中盤だったことを考えると、ボッタスが“まともに走れていない”ということがよく分かる。

 セッション開始から30分が過ぎると、コース上のマシンも徐々に増え始めた。しかし路面状況はあまり改善せず、ボッタスの1分43秒009を超えるマシンはなかなか現れない。そんな中、フェルスタッペンが1分42秒753を記録してトップに。最終的にタイムを1分41秒741まで伸ばし、1セット目のタイヤを返却するためピットに戻っていった。

 その後各車が再びコースに戻り始めたが、半数以上のドライバーが2セット目のタイヤにもハードを選択した。ボッタスはフェルスタッペンのタイムを上回りトップに立つと、1分38秒915というタイムを記録してピットに戻った。しかし直後にはフェルスタッペンが1分38秒523を記録してトップに。路面状況は徐々にではあるが良くなってきているようだ。

 セッション残り25分、カルロス・サインツJr.のマシンがターン7手前のランオフエリアでストップ。マシンを安全な場所に退避させるまでの間、バーチャルセーフティカーが発動した。

 一度もタイムを記録しないままセッション終盤を迎えていたルイス・ハミルトン(メルセデス)は、残り20分を切ったタイミングでコースインし、1分40秒台後半から徐々にタイムを上げていった。

 トップタイムはしばらくの間フェルスタッペンの1分37秒151となっていたが、フェラーリ2台が一気にタイムアップしワンツーに。ルクレールが1分35秒507、ベッテルが1分35秒620をマークした。そして終盤にはアレクサンダー・アルボン(レッドブル)が1分35秒318をマークしてトップに浮上。そのタイムをさらにフェルスタッペンが1分35秒077で上回り、セッション終了となった。

 結果的にFP1はレッドブル・ホンダのワンツー。3番手以下はルクレール、ピエール・ガスリー、ベッテル、ダニール・クビアトと、フェラーリとアルファタウリのドライバーが続いた。

 ただ、今回フェルスタッペンがマークしたトップタイム1分35秒077は、2011年のトルコGPで当時レッドブルのベッテルが記録したポールタイム1分25秒049から10秒も遅い。FP2以降に向けて未知数な部分が多いと言えるだろう。