F1第14戦トルコGPの予選がイスタンブール・パーク・サーキットで行なわれ、レーシングポイントのランス・ストロールが初ポールポジションを獲得した。

 2011年以来、9年ぶりの開催となったトルコGP。グランプリ開催のわずか2週間前に路面の再舗装が行なわれた関係で、フリー走行では各車がグリップを得るのに苦労した。

 さらに予選日のこの日は朝から雨模様。FP3ではスピンやコースオフする車両も多く、まともに1周走るのにも苦労するようなコンディションだった。

 現地時間15時から開始された予選は、気温11度、路面温度13度とFP3よりもさらに低温なコンディション。ポツポツと雨粒が落ち路面には水が浮いた中で、各車がアタックに向かった。

Q1:赤旗で一発勝負のアタック合戦に。クビアトがスピンで涙をのむ

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンを先頭に続々とコースイン。フェルスタッペンはインターミディエイトタイヤを履いたが、メルセデスの2台はウエットタイヤを装着しており、タイヤの判断が大きく二分される形となった。

 しかしフェルスタッペンはコースイン早々ハーフスピン。「グリップが全くない」と無線で報告した。その後もフェルスタッペンはコースに留まるのが精一杯の様子だ。

 ハース勢はインターミディエイトでコースインしたものの、すぐにピットに戻りウエットタイヤに交換。その間にバルテリ・ボッタス(メルセデス)が2分7秒001でトップに立った。フェルスタッペンもたまらずピットインしウエットタイヤへと履き替えた。

 各車フラフラとマシンを揺らしながら、走行を重ねてタイムアップを目指す。しかし雨が強くなってきたとルイス・ハミルトン(メルセデス)が無線で報告しており、インターミディエイトを履くマシンはたまらずピットに戻ってタイヤをウエットに変えた。

 コース上の水量が多くなりスピンも多発、ところどころでイエローフラッグが振られるような状況になったこともあり、残り時間6分56秒で赤旗が掲示され、セッション中断となった。

 この時点で、トップタイムはエステバン・オコン(ルノー)の2分6秒115。フェルスタッペンは15番手とQ1敗退の危機が迫るポジションにおり、16番手のシャルル・ルクレール(フェラーリ)とはわずか0.007秒差だ。他に、ロマン・グロージャン(ハース)、ピエール・ガスリー(アルファタウリ)、ウイリアムズのジョージ・ラッセル、ニコラス・ラティフィがQ1敗退圏内となった。

 赤旗の間に雨雲は去ったものの、コースはところどころ水が溜まってしまっており中断が長引いたが、約45分後にセッションが再開された。

 真っ先にピット出口に並んだアレクサンダー・アルボン(レッドブル)を先頭に、各車続々とコースイン。キミ・ライコネン(アルファロメオ)はコースイン直後にスピンしたが、幸いウォールに接触せずに済み、走行を続けた。

 しかし残り時間3分30秒となったところで再度赤旗。グロージャンがターン1でコースオフ、グラベルにハマってしまったためだ。車両回収が済み、すぐさまセッション再開。各チームクルーは慌ただしくタイヤを付け替え、ドライバーをピットロードへ送り出した。

 フェルスタッペンを先頭に、各車が一発勝負のアタックへ向かった。フェルスタッペンはセクター1、2で全体ベストのペースを刻み、1分57秒485をマークしトップに浮上。アルボンもタイムをまとめて2番手につけた。

 各車がタイムを更新し、タイムシートは目まぐるしく塗り替わっていく。そんな中、ダニール・クビアト(アルファタウリ)やニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)がスピンを喫しタイムアップできず、Q1敗退。ターン1でオーバーシュートしタイムアップできなかったハミルトンは、14番手でなんとかQ2に進んだ。

 Q1敗退は、ケビン・マグヌッセン(ハース)、クビアト、ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)、グロージャン、ラティフィがここで予選を終えた。

 しかし、黄旗中に出されたラップタイムは全てチェックされると通知が出されている。マグヌッセンは黄旗の影響でタイムを出せなかったようだ。