ツインリンクもてぎで行なわれたピレリ スーパー耐久シリーズ2020第4戦「もてぎ5時間耐久レース」決勝。ST-Xクラスの#888 HIRIX GOOD DAY RACING AMG GT3が総合トップでチェッカーを受け、今季2勝目を挙げた。

 今回は全クラス混走の5時間耐久レースということで、グリッドには全車が整列。前日の予選でトラブルに見舞われた#28 ROOKIE RACING GR SUPRAは、トラブルの影響で決勝出走を見合わせることになり、合計51台で午前11時にレースがスタートした。

 ポールポジションの#777 D’station Vantage GT3を先頭に各車が1コーナーに進入していったが、ST-Xクラスは序盤からアクシデントが続出することになる。

 2周目、#888 HIRIX GOOD DAY RACING AMG GT3(ショーン・トン)と#9 MP Racing GT-R GT3(柴田優作)が接触……この事故で888号車はコースオフを喫して4番手に後退、9号車は右フロントのカナードを破損させてしまった。さらに4周目には777号車が他クラスの車両と接触しスピン。そこでマシンを損傷してしまい、緊急ピットインを余儀なくされた。

 2周目の接触の件で9号車にはドライブスルーペナルティが科され、3番手に後退。これで#31 DENSO LEXUS RC F GT3(嵯峨宏紀)がトップに立つこととなった。しかし、序盤コースオフから挽回してきた888号車が接近。開始20分のところで31号車を捉えてトップに浮上した。

 その後888号車は安定したペースで後続を引き離していき、1時間20分を過ぎたところで1回目のピットインを敢行。山脇大輔にドライバー交代し、第2スティントも順調にトップを快走した。

 しかし、第2スティントに入ってペースを上げてきたのが#81 DAISHIN GT3 GT-Rだ。スタートドライバーを務めた大八木信行から4番手でバトンを受け取った藤波清斗は、1時間40分を経過したところで9号車をパスし2番手に浮上すると、開始2時間を迎えるところで888号車を捉え、57周目の90度コーナー手前でオーバーテイク。ついにトップに浮上した。

 81号車の藤波は、そのまま好ペースを維持し2時間15分を経過した66周目に2度目のピットストップを行ない星野一樹に交代。一方、888号車は2時間30分を迎えるところでピットインし、根本悠生が乗り込んだ。

 レース後半は81号車が順調なペースで走行し、2番手の888号車に対して、およそ1分のリードを築くと、残り1時間30分のところで3回目のピットストップを行ない藤波が再び乗り込んだ。追いかける888号車は残り1時間10分を切ったところで3度目のピット作業を実施し、スタートドライバーを務めたトンが再びスティントを担当した。

 残り1時間を切ったところでも、81号車はトップを維持していた。しかし実は、彼らは燃費の関係で4ストップ作戦を予定していたのだった。藤波は少しでもリードを広げようと激走を見せたが、残り30分のところでピットインし、同時に大八木龍一郎に交代。この間に888号車がメインストレートを通過し、レース終盤になって首位がまたも入れ替わった。

 残り10分を切ったところでコース脇でストップした車両が発生しフルコースイエローが導入されるなどハプニングもあったが、トンは最後までミスのない走りを披露し、150周を迎えたところでトップチェッカー。今季2勝目をマークした。前回の第3戦岡山では大クラッシュを喫し、高木真一が負傷……現在も入院中で今回のレースは欠場となったが、チームはインターバルが少ない中にもかかわらず新しいマシンを用意し、残る3人のメンバーで見事な力走を披露した。

 2位には81号車が入り、2戦連続の表彰台を獲得。3位には9号車が続いた。

 ST-Zクラスは#3 ENDLESS AMG GT4と#47 D’station Vantage GT4による激しいトップ争いが展開されたが、47号車がサイドバイサイドのバトルの末、残り15分でトップに浮上し今シーズン初勝利を飾った。ST-TCRクラスは#290 F・Link Home CIVIC TCRが今季2勝目をマークした。

 ST-2クラスは#32 ROOKIE RACING GR YARISがライバルに2周差をつける圧倒的な強さを披露。第2スティントを担当したMORIZOことトヨタ自動車の豊田章男社長が最後はチェッカードライバーを務め、開幕戦に続いて今季2度目となるクラス優勝を飾った。

 ST-3クラスは#62 HELM MOTORSPORTS RC350が優勝した。このチームは今季から参戦している新チームで、参戦2戦目。さらに地元となるツインリンクもてぎでクラストップの座に輝いた。

 ST-4クラスはトップが目まぐるしく変わる展開となったが、#884 林テレンプ SHADE RACING 86が前回に続いて2連勝をマーク。ST-5クラスは#69 J’S RACING☆FITが優勝した。