ウイリアムズは、2022年シーズン以降メルセデスからパワーユニット(PU)以外のパーツ供給を受けることを発表。両者の関係性がより密接になることが分かった。

 2014年以来、メルセデス製のPUを使い続けてきたウイリアムズだが、それ以外のパーツは自社内で製造し、その独立性を維持してきた。しかし、昨年8月にドリルトン・キャピタルがチームの株式を買収。経営陣も一新されたことに続き、今回メルセデスとの関係を強化するという決定が下された。

 1月5日(火)にウイリアムズは声明を発表。「メルセデスとの技術協力関係を拡大する。これには、2022年から譲渡可能なコンポーネントの供給も含まれる」と明かした。

 この契約により、2022年以降ウイリアムズは、ギヤボックスとそれに関連する油圧システムも、メルセデス製のモノを使うことになる。これらは、ウイリアムズが自社内で製造してきた主なコンポーネントである。

「メルセデスとのパートナーシップを強化することにより、ウイリアムズはより効率的な設計と製造プロセスを社内に構築し、長期的に見れば、他のパフォーマンス向上に繋がる部分に効率的にリソースを集中できるようにする」

「しかしウイリアムズは、シャシーの他の部分は社内で引き続き設計し、製造も続けていく」

 ウイリアムズのチーム代表であるサイモン・ロバーツも、次のようにコメントを寄せた。

「メルセデスとの素晴らしい関係が、エンジン(PU)の供給を超えて広がっているのをみて、非常に嬉しく思っている」

 そうロバーツ代表は語った。

「ウイリアムズは独立したチームだが、F1は常に進化している。チームとしては、コース上で競争力を発揮するために最善の位置につけるべく、現在の状況に機敏に対応しなければならない」

「メルセデスとのこの長期的な契約はポジティブな一歩であり、将来の戦略目標の一部である。しかし、社内の設計と製造能力は維持していく」

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフも、次のように語っている。

「この新たな契約を通じ、ウイリアムズとの技術協力関係を拡大することができ、嬉しく思っている」

「ウイリアムズとしては、2014年からPUを使い、その後パワートレイン全体を使うということになることは、理に適っている。我々のチームにとっても、新たなレギュレーションの下で、別のチームにパワートレインを供給することは、経済的な観点からも理に適っている」

「これは我々がウイリアムズとしばらくの間相談してきたことであり、関係強化を実現することができて嬉しい」

 なお2022年から、PUの規則は現行のままながら、テクニカルレギュレーションが大きく変更され、空力面などが一新される。そのため、これまでパワートレインの開発に割かざるを得なかったリソースをそれ以外の部分に割り振ることができるということは、ウイリアムズにとっては大きなメリットになろう。

 F1では、リストに記載された特定のパーツ以外は、他チームから購入することが許されており、すでにメルセデスとレーシングポイント、フェラーリとハース、レッドブルとアルファタウリなどは強固な関係を築き、パーツの共有を行なっている。