トロロッソから、名称を改め臨んだ2020年シーズンのアルファタウリ。同チームはピエール・ガスリーがイタリアGPで優勝を手にするなど、印象的な1年を過ごした。この勝利は、チームの歴史上2勝目ということになった。

 イタリアでの勝利は間違いなくシーズンのハイライトだが、それ以外にもガスリーが度々印象的なパフォーマンスを披露し、チームメイトのダニール・クビアトも、イモラで行なわれたエミリア・ロマーニャGPでは表彰台まであと1歩というところまで迫った。

 結局アルファタウリの獲得ポイントはチーム史上最多。フェラーリからわずか24ポイント差のランキング7位となった。

 これまでのチームにとって最高のシーズンは2008年。当時はセバスチャン・ベッテルとセバスチャン・ブルデーのコンビで戦い、ベッテルはイタリアGPで勝利を収めるなど活躍し、翌年レッドブルに昇格することになった。なおベッテルのこの時の勝利はF1史上最年少優勝記録を更新するものであり、チームにとっても初めての優勝だった。

 チーム代表のフランツ・トストは、2020年シーズンは2008年を上回りチームにとって最高の1年になったと語る。

「2008年は、確かにモンツァでのセバスチャンの勝利は素晴らしかった。しかし、2020年ほど多く良い結果があったわけじゃない」

 トスト代表はそうmotorsport.comに対して語った。

「今年はモンツァで勝っただけじゃない。イモラでの4位、ポルティマオでの5位もあった。他にも良いレースはたくさんあった」

「エキサイティングだったレースはひとつだけじゃない。良い結果になったレースがたくさんあったから、2008年を大きく上回ったと思う」

 トスト代表はまた、チームの団結力とガスリーのシーズン中のアジャスト能力を称賛した。

「ファエンツァ(チームのファクトリー)では、設計チームと生産部門が本当にうまく機能し、力を合わせた」

 そうトスト代表は語った。

「我々はプロセスのあらゆる段階で、ますます強力になっている。しかしそれだけでなく、チーム内の規律も、コース上のオペレーションに関してもうまくいった。チーム全体が、もっと向上していきたいと思っている」

「ふたりの素晴らしいドライバーもいた。ピエールは大きく改善した。彼は今、本当に高いレベルに達している。だから我々は成功できる可能性があったんだ」

「マシンは最初から機能していた。空力のアップグレードもパフォーマンスをもたらし、我々を前進させてくれた。こういうポイントが合わさり、成功を収めるという明確なイメージができたのだ」