2020年は、F1にとって非常に多忙な1年であった。コロナ禍の影響により約5ヵ月で17レースが開催され、パドックにいる誰もが休暇を必要としていた。しかし未だパンデミックは続いており、多くの国で渡航制限、入国制限がかけられている。ドライバーにとってもなかなか羽を伸ばすことができない状況なのだ。

 そんな中でも、一部のドライバーはどうにかオフシーズンに束の間の休暇を取り入れた。シャルル・ルクレール、ランド・ノリス、ピエール・ガスリーは最近、ドバイで時を過ごした。皮肉にもその3人全員が後に新型コロナウイルス陽性となるのだが。

 ノリスはトレーニングキャンプという仕事上の名目でイギリスを発ったため、彼の渡航は認められた。そして彼は1月初旬に味覚と嗅覚の異常を訴え、新型コロナウイルス陽性が発覚。ドバイのホテルで2週間の自己隔離を余儀無くされた。彼の旅程は予定よりも少し長くなったが、隔離を終えた後にイギリスに戻った。

 ノリスのSNSに寄せられたメッセージは、彼の一刻も早い回復を願うものが大半であったが、中には「ドバイに渡航することのリスクを理解しておくべきだった」といった批判もあった。さらに「今回のことを、イングランドがパンデミックで苦しんでいる中でバカンスに行ってはいけないという教訓にすべきだ」という厳しい声も見られた。

 SNSでは公人の失言や不祥事が“燃料”となり、“炎上”に繋がる。しかもそういったコメントや出来事は事実よりも誇張されていたり、湾曲されてしまうこともしばしばだが、ノリスの場合はそれが顕著だと言える。

 彼はF1ドライバーの中でも特にSNS上で積極的に発信をしており、その明るい性格や純粋無垢な人柄から“好青年”というイメージが広く知れ渡った。しかしこれは逆を返すと、イメージから少しでも逸脱した言動は目立ち、匿名の“キーボード戦士”たちの格好の餌となってしまうのだ。

 ノリスは既に、2020年シーズンを通してSNSでのアプローチを変えることを余儀なくされている。彼は以前、motorsport.comのインタビューに次のように語っていた。

「2019年にうまくいかない日があった時、僕はそれを重く受け止めないようにしたり、SNSなどに冗談っぽくコメントしたりした」

「多くの人はそれを気に入ってくれたけど、一部の人は『ああ、こいつは全然一生懸命やってないな。だからうまくいかないんだよ』と思っただろう」

「ただ他の人は全く違う形で受け取っていて、僕が一生懸命やっていると言う。人々はふたつのイメージを抱くんだ」

 ノリスがSNS上で批判に晒されるのは今回が初めてではない。2020年のポルトガルGPでルイス・ハミルトンが歴代最多の92勝目を挙げた際、ノリスは「彼は基本的に毎戦勝つべきマシンに乗っている。彼はひとりかふたりを倒せばいい、それだけなんだ」とコメント。波紋を呼んだ。

 このレースでノリスがランス・ストロールと接触するなどフラストレーションを溜めていたことも、このような軽率なコメントに繋がったのだろうが、結果的にノリスは非難を浴びる形となった。

 ノリスはその後、ハミルトンに対するコメントが「不用意だった」として謝罪している。

「ちょっと複雑な状況だった」と彼は振り返る。

「僕がパドックでルイス以上に尊敬する人はいないし、彼が成し遂げてきたことも尊敬している。僕は自分がナイスガイだと思っているし、常にナイスガイであろうとしてきた。でも時には本当のことを言おうとすることもあるし、人によってはそれを良く思わないだろう」

「誰かに対して悪い意味で言った訳ではない。どんなドライバーでも感情が爆発することはある。今回間違いを犯したけど、今後もそういうことは間違いなくあるだろう」