レッドブル・ホンダは2月23日、2021年マシン『RB16B』の画像をローンチイベントに先駆けて発表した。

 F1における今季用マシンの開発に関しては、基本的に2020年マシンのシャシーを引き継ぎながら、開発トークンを使用して一部変更を加えるという形となっている。チーム代表のクリスチャン・ホーナーは以前、2020年マシンのRB16からRB16Bに引き継がれるコンポーネントは60%ほどと語っていた。

 今回公開された画像を見るに、RB16Bは形状、カラーリング共にRB16と似たものになっているが、2021年のテクニカルレギュレーションに合わせてフロアの形状などが変更されている。そして『HONDA』のロゴがエンジンカウルだけでなく、リヤウイング両面にも大きくあしらわれている。

 レッドブルは昨年、マックス・フェルスタッペンが2勝を挙げたもののメルセデスの牙城を崩すことはできず、彼らに選手権7連覇を許してしまった。今季はアレクサンダー・アルボンに代えてベテランのセルジオ・ペレスをフェルスタッペンのチームメイトとして迎え入れ、8年ぶりのタイトル奪取を目指す。またアルボンはリザーブ兼テストドライバーとして引き続きチームに帯同することとなっている。

 そして2021年は“レッドブル・ホンダ”のラストイヤーでもある。2019年からレッドブルにパワーユニット(PU)を供給してきたホンダは、2021年をもってF1活動を終了する。2022年からはPU開発が凍結され、レッドブルはホンダが開発したPUを自社運用する形でF1に継続参戦することになっている。

 2021年用のF1マシンを公開したのはレッドブルで4チーム目となった。これまでに、マクラーレン、アルファタウリ、アルファロメオが新車を発表している。なおレッドブルは日本時間24日4時からオンラインでローンチイベントを行なう予定となっており、そこにはチーム代表のホーナーと、フェルスタッペン、ペレス、アルボンのドライバー陣が参加する。