インドネシアの国営石油会社プルタミナの東アジア地域におけるエネルギー市場の動向調査、分析拠点であるプルタミナ東アジア代表部は、木村偉織を『プルタミナ・サポートドライバー』としてサポートしていくことを明らかにした。

 インドネシア人ドライバーのリオ・ハリアントやショーン・ゲラエルへのスポンサードだけでなく、スーパーGT参戦チームへのスポンサードでも知られるプルタミナ。彼らが今季サポートするのは、21歳の若手ドライバーである木村だ。

 木村は2018年と2019年、共に鈴鹿サーキットレーシングスクール・フォーミュラのスカラシップ選考会に残った経験を持つ。2019年はFIA F4で表彰台も獲得し、ランキング9位となっていた。

 そして木村は今季、SRSコチラレーシングからFIA F4に参戦予定。プルタミナのサポートの下、さらなるステップアップを目指していくことになる。