先日行なわれたF1バーレーンGPで、9位入賞を果たした角田裕毅(アルファタウリ)。予選Q1での2番手タイム、そして一度は順位を落としながらも、着実に順位を上げていった決勝での戦い方に、高い評価が集まっている。

 日本でも多くの報道がなされ、さらにF1のスポーティングディレクターであるロス・ブラウンは「ここ数年で最高のルーキー」と語り、アルファタウリのフランツ・トスト代表も「将来F1チャンピオンになる」と発言……賞賛の嵐となっている。

 では、F1を取材する世界各国のジャーナリストは、角田の開幕戦をどう見たのだろうか? 我々motorsport.comには各国にF1担当ジャーナリストがおり、その彼らに角田に対する評価を聞いた。

■まだたくさんのことを期待することができるはず:アダム・クーパー(イギリス)

 イギリスのアダム・クーパーは、角田を賞賛するひとりだ。

「角田裕毅が2020年の後半にF2で目立ち始めるまで、私はあまり彼のことを知らなかった。それを認めなければいけない。アルファタウリのドライバー候補となった時、彼に注目するようになったのだ」

 そうクーパーは角田について語る。

「私はアンドレアス・イェンツァー(角田のF3参戦時のチーム代表)と、トレバー・カーリン(同F2参戦時のチーム代表)に話を聞いた。そして彼らはふたりとも、角田のことを絶賛した」

 アルファタウリから、開幕前に複数回行なわれた旧型車でのテストについても話を訊いたというクーパーは、角田の速さを確信していたという。

「開幕戦のレースウィークエンドを通じても速かったが、予選Q2ではミディアムタイヤを履き、良いラップタイムを記録することができなかった。彼のフラストレーションは大きかったはずだ」

「しかし彼はレースで素晴らしい仕事をし、懸命に戦った。最後にランス・ストロールから9位を奪ったことは、彼が素晴らしい才能の持ち主であることを示した」

「スタートが慎重すぎたためにポジションを落としたが、彼は無理をしなかった。同じ新人の(ニキータ)マゼピンや(ミック)シューマッハーがどんなレースをしたか、それを見てみてほしい。またチームメイトの(ピエール)ガスリーは接触でウイングを失い、素晴らしいグリッドポジションを無駄にしたことも忘れるべきではない」

「角田からは、まだたくさんのことが期待できるはずだ。彼に何ができるのか、楽しみだ」