マクラーレンのランド・ノリスは、F1エミリア・ロマーニャGPで3位表彰台を獲得した。この表彰台は、予選などで速さを見せたことの”功績”が認められた結果だと、チーム代表のアンドレアス・ザイドルは語る。

 ノリスは、エミリア・ロマーニャGPの決勝レースを7番グリッドからスタート。波乱となったレースを戦い抜き、3位でフィニッシュしてみせた。

 ノリスは、レッドブルのセルジオ・ペレスがセーフティカーラン中にスピンしたこと、そしてチームオーダーによりチームメイトのダニエル・リカルドの前に出られたことなどの恩恵を受けたものの、十分に表彰台に値する速さを見せたと言えよう。

 金曜日にはあまり速さを見せられなかったノリスだが、土曜日には一転速さを発揮し、予選のQ1からQ3にかけ、すべて2番手もしくは3番手となるタイムを記録した。しかし予選Q3でのベストラップは、トラックリミット違反と判断され、7番手ということになった。

 マクラーレンのザイドル代表は、このノリスの結果は「当然の表彰台だと断言する」と語った。

「我々の前でフィニッシュしたふたりのドライバーを見ると、いずれもそのチームと共に、このスポーツにおける模範とも言うべき存在だ。したがって、3位でフィニッシュできたということは、明らかに素晴らしいことだ」

「この結果で、有頂天にならないようにすることも重要だ。最後のスティントでマックス(フェルスタッペン/レッドブル)がどれほど速かったかということを見れば、まだまだやるべきことがたくさんあるということが分かる」

 ザイドルは今季これまでのノリスの活躍に「非常に満足している」と語る一方、新加入のリカルドも、まだまだマシンに慣れつつある段階ながら、6位を手にした堅実な走りを称賛する。

「非常に勇気づけられたのは、ランドが現在どれほど速いかということだ」

 そうザイドル代表は語る。

「彼は2戦連続で、ドライバーとして次の一歩を踏み出したということを示した。そのことについて、とても満足している」

「ダニエルの今日の戦いぶりにも満足している。ランドに比べて、まだまだマシンには慣れていない。彼にとっては、簡単なレースではなかっただろう。この難しいコンディションで、多くのドライバーがミスをしたり、あるいはやりすぎてしまい、リタイアしていった」

「ダニエルは素晴らしいレースをした。まだマシンに慣れていないのにポイントを獲得した。我々のとっては非常に重要な6位になったのだ」

「今回の予選とレースの結果は、チームが冬の間に、(新たなパワーユニット・サプライヤーである)メルセデスとも協力して、素晴らしい仕事をしたことを再び確認できた。とても励みになったよ」