5月1日のスパ6時間レースでシーズンが開幕する世界耐久選手権(WEC)。今季から新しくLMH規定のマシンが走るハイパーカークラスがトップカテゴリーとなり、トヨタがニューマシン『GR010 HYBRID』を2台エントリー。アルピーヌも、レベリオンが使用していたLMP1マシンでエントリーしている。このLMP1マシンは性能調整が施され、LMHマシンと同程度のパフォーマンスとなるよう100kgのバラストを積んでいる。

 当初からLMHのマシンはLMP1マシンよりもパフォーマンスが下がるようにデザインされていたが、開幕戦を前にスパ・フランコルシャンで行なわれた公式プレシーズンテスト”プロローグ”では、トップカテゴリーであるはずのハイパーカークラスよりも、LMP2クラスのマシンの方が速いという”逆転”現象が起きてしまっていた。

 LMP2マシンも、昨年よりパフォーマンスが下方調整されている。これはハイパーカークラスのマシンがLMP1時代よりも遅くなることを受けた変更だ。約600hpのパワーが536hp(400kW)に抑えられ、最低重量も950kgと、昨年より20kg重くなっている。さらには、WECのすべてのレースでローダウンフォース仕様のエアロパッケージで走ることが決まっている。

 にも関わらず、LMP2クラスの方がラップタイムが速くなってしまったのだ。実際のところ、そのパフォーマンスはかなり拮抗しており、第1セクターと第3セクターではトヨタ勢が速さを見せるものの、ツイスティな第2セクターではより軽量なLMP2マシンに対してタイムを失っているという傾向があった。

 こうした状況について、TOYOTA GAZOO Racingヨーロッパのテクニカルディレクターを務めるパスカル・バセロンは、ハイパーカーとLMP2のパフォーマンスバランスを見直す必要があると語った。バセロン曰く、プロローグでのGR010は予測通りのパフォーマンスだったという。

「選択の余地はないと思う。このような階層化を狙っていたわけではないはずだ。LMP2マシンがハイパーカーより速く走ることは、間違いなく目標ではなかった」

「私が言いたいのは、それを修正しようという明確な意志があるということ。調整が見直されなければならないということだ」

 また、バセロンはGR010の出力を上げるという手法は採れないと語った。

「もっとパワーを上げられる可能性はあるかもしれないが、それを検証したわけではない。未知の領域に入ってしまうので、ごく短期的にもそれはできない」