アルファタウリ・ホンダの角田裕毅が、ポルトガルGPに続き2週連続で行なわれるスペインGPを前に、オンラインの記者会見に応じた。

 角田にとってポルトガルGPは厳しいイベントとなった。予選はQ2には進出したものの14番手止まり。決勝レースではペースが優れず、ポジションをひとつ落として15位に終わった。

「ポルトガルGPでは、マシンのフィーリングがチームメイトの(ピエール)ガスリーと結構違いました。好みも違うとは思いますが、動きも違っていたので……そこは疑問でした。そのためエンジニアと色々話をしました」

 角田はそう語る。

「何を改善すればいいのか、そこを話していく中で、自分なりの反省を見つけました。フィードバックはもっと早くしなければいけないと思います。今まではワンテンポ遅かった……そのあたりを改善していきたいです」

「ポルトガルは、風も強く吹いていました。しかもコーナーによっても、周によっても違ったんです。それにより、エアロのバランスも変わっていました。それを考慮しながら、バルセロナで感触を確かめていきたいと思います」

 角田はポルトガルGPを通じて、『僕はまだF1に慣れていない』ということを感じたという。

「僕はまだ、F1に慣れていないということです。ポルトガルまでは、もう慣れたとか、マシンを使いこなせていると思っていました。でもまだまだです。マシンの挙動を心配しながらアクセルを踏んでいるという部分もありますし、完全にコントロールできているわけでもないです。そのあたりを見直して、少しずつステップアップして、改善しながら進めていきたいと思います」

「イモラやバーレーンは、それまでに何度も走ってから、グランプリを迎えました。走れば走るほど、クルマというかサーキットに慣れていきます。なので開幕2戦は僕としては走りやすかったです。ただポルトガルは初めて走るコースだったので、挙動を確認しながら……まだ慣れていないと感じました。でも逆に、そういうことに気付かせてくれたのはよかったと思います」

 角田曰く、開幕前からアルファタウリのマシンはアンダーステア気味であると語っていた。しかしそれをコントロールする術を、ガスリーのように掴み取る必要があるということも気づいたという。

「基本的には、アルファタウリのマシンは曲がりにくいところがあります。その傾向はバーレーンの時からありました。でもポルトガルでは、路面コンディションが悪かったこともあり、そういう部分が顕著になった感じですね」

「僕としては、もう少しオーバーステアにしたいという部分もあります。しかしアルファタウリのマシンは、リヤのグリップが強い傾向にあります。その中でオーバーステアにすることもできますが、そうするとリヤのグリップを削ることになるんです。ただそうすると、全体的なグリップを下げるだけになってしまうので、タイムの向上には繋がらないと思います」

「F2の時には、アンダーステアのマシンでも曲げられるようにコントロールできていました。F1では、まだそういうことができていません。ですので、自分のドライビングから見直していきたいと思います」

「マシンの調子が悪いわけではありません。でもチームも、今回のバルセロナから、バーレーンやイモラのようなペースに戻れることを期待しているはずです。そのためにも、もっとF1に慣れていきたいと思います」

 イモラでは自身のミスにより無得点、ポルトガルでも無得点と、厳しいレースが続いている。しかし落ち込むことはなくとも、抱えた悩みを今後に活かしていきたいと語る。

「ポルトガル以降、気分が下がっているということはありません。しかし考えるというか、悩んだところもありました。ただ、悩むことは良いことだと思いますし、基本的にレースよりも予選のパフォーマンスをもう少し上げていきたいと思っています」

「色々と見直した結果、僕はまだF1に慣れていないと思いました。スペインGPではFP1からそういうところを意識して、マシンの動きを繊細に捉えて、慣れていきたいと思います」