ハースのミック・シューマッハーは、F1第5戦モナコGPのフリー走行3回目の終盤に、カジノ・スクエアのバリアにクラッシュ。マシンのリヤと左側面に大きなダメージを受けた。

 ハースはセッション終了後、わずか2時間後に行なわれる予選に、シューマッハーは参加できないと発表した。

「残念ながらミックは、FP3のアクシデントで受けたシャシーの損傷のため、午後の予選には参加しない」とチームはTwitterでコメントしている。

 なおハースは、マシンのダメージ評価は”進行中”だとしている。

 FP3では14番手と健闘したシューマッハーだが、彼はFP2でもセッション終盤にクラッシュしている。これまでの4レースと比べて有望な結果を出せていただけに、予選が重要となるモナコでの痛恨のクラッシュとなってしまった。

 またシューマッハーが予選に参加できないため、チームメイトのニキータ・マゼピンは今季初めて、シューマッハーの前で決勝レースをスタートすることになる。