世界中に存在する、レーシングカーを扱った博物館……有名どころからマイナーどころまで、“趣味”が高じて世界150箇所以上のミュージアムを訪れてきたモータースポーツジャーナリストが、その魅力を紹介する連載企画第1回。

 唸るエンジン! 最新のテクノロジー! 白熱するスリリングな接近戦! 超クールなレースマシン!……これらはモータースポーツの魅力として語られることの多い要素で、浪漫であると言えるのではないか。

 幸い現在はレースに関する情報もインターネットで多々手に入る……しかし、こう思ったことはないだろうか?

『そういえば、間近でレースマシン見たこと無いな?』と。

 画面越しのクルマもバイクも、たしかにカッコいい。超クールだ。だがレース史を彩ってきた“実物”を見ればあなたは更に虜になることだろう……そしてそれは直ぐにでも体験できる。各国に存在する“レーシングカー博物館”で。

 この連載では、世界各国に存在する150箇所以上のレーシングカー博物館を、半分“趣味”で回ってきたモータースポーツジャーナリスト原田了が、魅力たっぷりに文章と写真で紹介する。

 第1回は日本から世界へ打って出た日本モータースポーツのパイオニアであるホンダの企業博物館“ホンダ・コレクションホール”だ。

──────────────────

 1998年の3月にオープンしたホンダ・コレクション・ホールは、本田技研工業(ホンダ)の創立50周年記念事業の一環として企画整備されたもので、やはり同社の創立50周年記念事業の一環として開発が進められてきたツインリンクもてぎの一角に位置している。

 ホンダの企業博物館であり、同社がこれまでに販売してきた製品の多くを収蔵展示しているのはもちろんのことだが、やはり同社がこれまでにチャレンジを続けてきたモータースポーツ参戦車両も多く収蔵展示。F1マシンも数多く展示されていることから、F1の聖地としても知られている。

 実は、ホンダの創業社長である本田宗一郎さんは、過去を振り返ることが嫌いだった、と伝えられている。

 技術者として過去を振り返り、思い出に浸っているくらいなら、その分、新たな技術的チャレンジをすべき、ということだったのだろう。創業社長が「(昔を振り返ることは)必要ない!」と言った以上、社員としては従うしかない。それでも、宗一郎さんの本心を見抜いていた社員は、宗一郎さんに隠すように、かつてホンダがリリースしてきた商品群を集めていったのだ。

 そして集められた個体は、鈴鹿サーキットの敷地内にあったボーリング場の地下倉庫に集められ、1998年3月、コレクションホールのオープンに向け、栃木県の茂木町にあるツインリンクへと移送された。

 ちなみに、宗一郎さんは『製品は企業の顔。ホンダを知ってもらうにはホンダの製品をお見せすればいい』とも語っており、自らが生み出してきた商品に、無類の愛着と、並々ならぬ自信を持っていたことも容易に想像できる。