F1第6戦アゼルバイジャンGPのフリー走行3回目がバクー市街地コースで行なわれた。トップタイムを記録したのはアルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリー。タイムは1分42秒251だった。

 0.344秒差の2番手には好調レッドブルのセルジオ・ペレスが続き、メルセデスのルイス・ハミルトンが0.446秒差の3番手となった。

 アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は8番手。セッション前半には一時トップに立つ場面もあり、予選Q3進出に期待が持てる結果だ。

 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、セッション折り返しを前にターン15でクラッシュ。赤旗の原因となり、15番手でセッションを終えた。