スーパーGTシリーズ第4戦の決勝は、7月18日にツインリンクもてぎにおいて300kmレースとして行なわれ、ポールポジションスタートの1号車STANLEY NSX-GT(山本尚貴/牧野任佑)がピットワークで逆転し、スープラの追撃を振り切り優勝を遂げた。

 気温33℃、路面温度51℃で13時16分にスタートが切られたレースは、ポールシッターの1号車NSXの牧野がレースをリード。しかし予選2番手の19号車WedsSports ADVAN GR Supra(国本雄資/宮田莉朋)の国本が、7周目の130Rで並びかけS字でトップに立つと一時は1号車NSXに5.7秒の差をつけてトップ独走状態となった。

 63周レースの24周目に1号車NSXはピットインし山本に交代。一方トップの19号車スープラは28周目にピットインして宮田に交代。しかしピットワークで手間取り1号車NSXの後ろでコースへ戻ることになった。4秒近い差のあった2台だったが、19号車スープラが追い上げを開始して、35周目には1秒を切る差となり、37周目には0.251秒差まで縮まった。しかし42周目に火災を起こした車両を回収するためにFCY(フルコースイエロー。追い越し禁止で速度は80km/hに制限)、さらに46周目にコースサイドでストップした車両を回収するために2回目のFCYとなると、2台の差は3.5秒まで広がった。

 19号車スープラの宮田はレース終盤の52周目には再びトップとの差が1秒を切るまで山本を追い、54周目には0.706秒差まで追い詰めたが、追撃もここまで。この後2台の差は広がり1号車NSXが今季初優勝を飾った。山本は「会心の勝利。(2012年にトップカテゴリーに参戦するようになって)初めてもてぎで勝てました。1月に亡くなったスタンレー電気の社長にこの優勝を捧げたい」と喜びを語り、「見ていてこんなに心臓に悪いレースはありませんでした」と牧野は安堵した表情を見せた。

 2位は19号車スープラ、3位は4番手スタートの36号車 au TOM’S GR Supra(関口雄飛/坪井翔)だった。これで1号車NSXの山本は、ポイントリーダーである14号車 ENEOS X PRIME GR Supra(大嶋和也/山下健太)と4ポイント差のランキング2番手に躍り出ることになった。