今季初開催されるF1サウジアラビアGPは、シーズン23戦中22戦目に組み込まれており、12月5日に決勝レースが行なわれる予定だ。ただ同GPは、来年はシーズンの早い段階に組み込まれることを望んでいると語る。

 サウジアラビアGPのプロモーターであり、サウジ自動車・オートバイ連盟の会長でもあるハリド・ビン・スルタン・アル・ファイサル王子は記者団の取材に応じ、まだ初開催前にも関わらず、2022年はシーズン前半にグランプリを開催したいと語った。

「我々プロモーターとしては、シーズン終盤のレースにはなりたくはない」

 そうハリド王子は語った。

「我々のチームは、シーズン序盤のレースで本当に良い仕事ができると思う。そうなれば、他の時期のレースはプロモーターとしてそれほど関心がなくなってしまう」

「今シーズンも、シーズンの序盤にレースをしたかった。しかし、コースの準備をするための時間が必要だったため、それはできなかった」

「我々は2021年の終盤にレースを行なうか、あるいは2022年の早い段階でレースを行なうかという決断を迫られていた。しかし我々は、2021年中にレースをしたいということを決めた」

「そして2022年にレースを開催する上では、何が最善なのかをF1側と話し合っている。うまくいけば、合意に達することができるだろう」

 2022年のF1開催スケジュールも、新型コロナウイルスの影響が残る可能性がある。そうなれば、厳しい渡航制限が敷かれたままになっているオーストラリアGPの開催をシーズン後半に移し、今年のようにバーレーンでの開幕となる可能性が高い。そんな状況となれば、バーレーンから距離的に近いサウジアラビアでのレースをシーズン序盤に開催することは、理に適っていると言えよう。

 またハリド王子は、先日のイギリスGPで初めて行なわれたスプリント予選レースを、サウジアラビアGPでも行なうことに意欲を見せている。

「私は先日、シルバーストンに行った。観客として、そしてプロモーターとして、スプリント予選をとても楽しんだ」

 そうハリド王子は語った。

「良いことだと思う。もっと多くのレースでやるべきだし、土曜日にもっと動きがあるべきだと思う。我々はスプリント予選レースを行なう国のひとつになりたいと思っている」

「決定するのはF1側だし、我々はそれを待つことしかできない。もう1戦行なわれるのもヨーロッパになるのか、それとも中東でのレースでそれが行なわれることになるのだろうか? 私は、サウジでスプリント予選レースを見たいと思っている」