F1第13戦オランダGPの予選は、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが地元でポールポジションを獲得した。

 オランダGPの舞台は、ザントフールト・サーキット。コース幅が狭く、オーバーテイクポイントがターン1以外はほぼないため、”高速のモナコ”と呼ぶ者もいる。それだけに、予選での好順位が決勝に向けて重要になってくるはずだ。また、フリー走行の3セッションで計4回赤旗が出された。うまくトラフィックを処理し、黄旗や赤旗に邪魔されずにタイムが出せるか、ある程度運の要素も影響してくる。

 気温18度、路面温度35度というコンディションで予選Q1がスタート。角田裕毅(アルファタウリ)やハースの2台が早速コースイン。新型コロナ陽性となったキミ・ライコネンの代役として急きょ参戦のロバート・クビサ(アルファロメオ)も早めにピットを離れた。FP3でクラッシュを喫したカルロス・サインツJr.(フェラーリ)も無事、予選に間に合い出走した。

 角田が最初のアタックで1分11秒947をマークした頃、レッドブル勢やメルセデス勢がコースイン。メルセデスのルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスはここでミディアムタイヤを装着した。

 地元の大歓声を受けながらアタックしたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)は1分10秒036でトップに。そこにハミルトンが続き、ピエール・ガスリー(アルファタウリ)が3番手。ただボッタスが2度目のアタックでガスリーを交わした。

 各車最初のアタックを終え、Q1ノックアウト圏内は角田、サインツJr.、ニキータ・マゼピンとミック・シューマッハー(共にハース)、クビサ。ただサインツJr.や角田は2度目のアタックでタイムアップ。代わってアストンマーチン勢がノックアウト圏内に落ちた。

 路面コンディションは大きく改善されていっているようで、残り時間3分を切る頃にタイムを出したジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)はセクター1で全体ベストをマーク。上位勢も油断が出来ない状況のため、多くのマシンがコースに出た。

 目まぐるしくタイムシートが塗り替わる中、レッドブルのセルジオ・ペレスが16番手でまさかのQ1敗退。17番手のセバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)もQ2に進むことができなかった。どうやらこの2台はトラフィックに引っかかってしまったようだ。他にクビサ、シューマッハー、マゼピンがここで予選を終えた。角田は14番手となりQ2進出を果たした。

 15分間の予選Q2がスタートすると、フェルスタッペンがソフトタイヤで早めにコースイン。対して、メルセデス勢はピットで機を伺った。このセッションはグリッド上位10台の決勝スタートタイヤが決まるが、全車がソフトタイヤでのアタックとなった。

 ここでフェルスタッペンは1分9秒071の驚速タイムをマーク。遅れてアタックし、2番手につけたハミルトンにすら0.655秒差をつける、圧巻の速さだった。その後、タイミングをズラしてアタックしたシャルル・ルクレール(フェラーリ)が2番手、ガスリーが3番手に飛び込み、メルセデス勢を上回った。

 角田はQ1で3セットのタイヤを使ってしまったため、Q2最初のアタックはユーズドタイヤを使用。新品タイヤを履いたラストアタックに全てを賭けた。

 11番手につけ、Q3進出を目指してアタックに向かったラッセルは、好ペースを刻んでいたもののターン13でリヤを失いスピン。タイヤバリアにクラッシュし、セッションは赤旗中断となった。後ろを走っていたチームメイトのニコラス・ラティフィも自己ベストを並べていただけに、ウイリアムズにとっては痛いスピンとなった。

 残り時間3分54秒でセッションが再開されると、各車続々とコースイン。しかし今度はラティフィがターン8でクラッシュし、またしても赤旗が出された。これでQ2終了となってしまった。

 ラッセル、ランス・ストロール(アストンマーチン)、ランド・ノリス(マクラーレン)、ラティフィ、角田がここでノックアウト。ストロールやノリス、角田はラストアタックを完遂できずに涙をのむことになった。ノリスはこれが今季初Q2敗退だ。

 12分間のQ3がスタートすると、早めにコースインしたフェルスタッペンが1分8秒923という、更にひとつギヤを上げた素晴らしいタイムをマーク。2番手のボッタスに0.299秒差をつけた。3番手にはハミルトンが入り、ガスリーがフェラーリの2台を上回る4番手に飛び込んだ。

 そしてQ3最終盤、各車がピットレーンでスロー走行し、間隔をとりながらコースイン。メルセデス勢は最後にコースインし、最も良いコンディションでのタイムアップを狙った。

 フェルスタッペンはセクター1、3こそ自己ベスト更新とはならなかったが、セクター2でタイムアップ。1分8秒885を叩き出し、0.038秒のタイムアップを果たした。

 ボッタスはタイム更新できず、これでポールポールポジションはフェルスタッペンで決まりかと思われたが、セクター3で全体ベストを記録したハミルトンがフェルスタッペンに肉薄。そのタイムは1分8秒923で、フェルスタッペンのアタック1発目と同タイムだった。

 ガスリーは4番手。ルクレールとサインツJr.のフェラーリ勢の前、グリッド2列目を確保した。アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)が7番手と、自己ベストタイ。8番手、9番手はアルピーヌのエステバン・オコン、フェルナンド・アロンソが続いた。10番手はダニエル・リカルド(マクラーレン)だった。