F1第15戦ロシアGPがソチ・オートドロームで開幕し、初日の走行が行なわれた。トップタイムこそFP1、FP2共にバルテリ・ボッタス(メルセデス)となったが、4台のホンダパワーユニット(PU)勢も順調に走行を重ねた。

 その中でマックス・フェルスタッペン(レッドブル)には、FP2から4基目となるPUが投入された。これによりフェルスタッペンはPUの年間使用基数をオーバーしたため、決勝レースをグリッド最後方からスタートすることとなる。

 フェルスタッペンはイギリスGPでルイス・ハミルトン(メルセデス)と絡んでクラッシュした際、PUにクラックが入るなどダメージを負っていたため、新PUの投入は時間の問題と見られていた。フェルスタッペンはイタリアGPのインシデントによりロシアGPでの3グリッド降格が既に決まっていた上、ソチは後方からの追い上げが比較的容易とされるサーキットであるため、ホンダはこのタイミングで戦略的に4基目を投入したのだ。

「レッドブルのフェルスタッペン選手については、イギリスGPのクラッシュでPUにダメージを受けた影響から、シーズン中どこかで新たなPUを投入しなくてはいけない状況でした」

 そう語るのは、ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクター(TD)だ。

「そのため、今回のレースでの様々な局面を考慮し、今日のFP2から新たなPUを投入することを、チームと一緒に決めました。日曜のレースではPU交換によるペナルティのために、グリッド後方からのスタートになります」

 FP2での新PU投入により、フェルスタッペンはドライコンディション下でPUの調整を行なうことができた。土曜日に行なわれるFP3と予選はウエットコンディション、日曜日に行なわれる決勝はドライコンディションが予想されているため、決勝に向け貴重なデータを収集した形だ。

 その他ホンダ勢は、ピエール・ガスリー(アルファタウリ)がFP2で3番手タイムを記録するなど、まずまずの出足となっている。田辺TDは初日を総括し「スムーズな1日だった」と述べた。

「今日はレッドブル、アルファタウリの2チーム・4台が順調にプログラムを消化し、スムーズな1日になりました」

「明日は降雨が予想されていますので、色々な状況を想定して迅速に対応できるように、今日のデータをベースに雨対応の準備もしっかり進めて臨みます」