2020年限りでレッドブルのシートを失い、2021年は同チームの開発ドライバーを務めているアレクサンダー・アルボン。彼はレッドブル時代に結果を残せなかったことでシートを失ったが、レッドブルというトップチームが“結果”を求める姿勢を示すのは当然だと語っている。

 アルボンは2019年シーズンにトロロッソ(現アルファタウリ)からF1へフル参戦を開始。シーズン中盤にはレッドブルで成績の振るわなかったピエール・ガスリーと交代する形でレッドブルへと昇格した。

 しかしアルボンも、2020年シーズンまでの1年半レッドブルのマシンを走らせたが、チームメイトのマックス・フェルスタッペンに匹敵する速さを発揮することができず、チームは2021年のドライバーとしてセルジオ・ペレスを招聘することを決定。アルボンは開発兼リザーブドライバーを務めることになった。

 以前からレッドブルのジュニアドライバーに対する扱いは、十分な成長の時間やマシンになれる時間を与えていないという批判も寄せられきた。ただ当事者であるアルボンはこうした批判について、レッドブルの運営方法には“誤解”が広がっていると感じていると話す。結果を求め、グリッドの前方で戦うという姿勢は、トップチームとしては当然のことだと彼は語っている。

 アルボンはF1 Nationポッドキャストにおいて、次のようにコメントした。

「(レッドブルは)メディアでは“悪役”を演じさせられていることがあると思う」

「でも基本的に、そんなことは全然ないんだ」



 アルボンは、レッドブルも、そしてモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコも、そうした役割を負わされていると苦言を呈した。

「レッドブルが優勝を争っているチームだということを、理解する必要がある」と、アルボンは言う。

「彼らは良い結果を期待している。勝てなければハッピーではない……それがチーム内の文化なんだ。そしてそれが本来あるべき姿だ」

「特にレッドブル、フェラーリ、メルセデスのようなトップチームは、そうしたモノを求めているんだ」

「もちろん、それは大変なものだ。特にトップチームでの経験が薄いときにはね。でもそういうものだ。何より、マシンに自信を持つことが大切なんだ」

 アルボンの後任としてレッドブルに加入したペレスは、6月のアゼルバイジャンGPで移籍後初優勝を記録したが、最近のレースでは再び苦戦が続いている。これも、レッドブルでの適応の難しさを物語っていると言えるだろう。

 アルボンはレッドブルについて、ドライバーが苦戦している時に、さらにプレッシャーを追い討ちのようにかけてくる環境ではないとも擁護する。

「『これをするんだ! それができなければ荷物をまとめてこい』なんて言うことはない」

「彼らは2台のマシンが上手く走ることを望んでいるし、それが彼らの意図することだ。パフォーマンスが振るわない時に、さらにプレッシャーをかけてくるようなことはない。それは先にメディアが、十分にやってくるからね」

「特に僕について言えば、自分自身が一番プレッシャーをかけていた。他の誰でもない。外からプレッシャーをかけても、何の得も無いんだ」

「このマシンを速く走らせるのは、チェコ(ペレスの愛称)や僕にとっては簡単なことじゃないと思う。マックスと比較してね」