今季アルファタウリ・ホンダからF1デビューを果たした角田裕毅。2014年の小林可夢偉以来、実に7年ぶりの日本人F1ドライバー誕生である。

 彼の出身高校は日大三高と和光高校。日大三高は片山右京の、そして和光高校は佐藤琢磨の出身高校である。角田は17人目の日本人ドライバー、そして日本の人口が1億2000万人を超えるということを考えれば、信じられないような偶然と言える。

「僕が高校を転校した時、そこは佐藤琢磨さんの出身校でした」

 角田はGPレーシングのインタビューに笑顔でそう答えた。しかし彼がこのことに気づいたのはつい最近であり、在学当時は片山と佐藤が誰なのかということも知らなかったという。

 角田の父親は自らレースにも出場していた。その父に連れられて、F1日本GPを観戦にも行っていたという。しかし角田は、F1ファンではなかった。

「僕らは何度か、F1のレースを観に行きました」

 そう角田は振り返る。

「僕が7歳の時、初めて富士で行なわれた日本GPに行きました。雨が降っていたのを覚えています。そして僕は、その音が好きになれませんでした。とてもうるさかったので、ずっと耳を塞いでいました。僕が覚えているのは、早く家に帰りたかったということだけです」

「小さい頃は、レースがあまり好きじゃなかったんです。他のスポーツは好きでした。サッカー、スキー、スノーボード、アメリカンフットボール、バスケットボール……あらゆるスポーツが好きでした。だから、ただレースをしていただけじゃなかったんです。テレビでは数回見ましたけどね。でも、しっかりとF1を見始めたのは、F2シーズン(つまり去年!)の中盤から終わりにかけてだけなんです」