F1アメリカGPの予選が行なわれ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがポールポジションを獲得した。タイムは1分32秒910。2番手は0.209秒差でメルセデスのルイス・ハミルトン、3番手はレッドブルのセルジオ・ペレスだった。

 角田裕毅(アルファタウリ)は2戦連続となるQ3進出を果たし、結局10番グリッドを手にした。ただ、トップ10の中では唯一ソフトタイヤでのスタートということになる。チームメイトのピエール・ガスリーは9番手だった。