鈴鹿サーキットで開催されたスーパーフォーミュラ合同/ルーキーテストでの大きなトピックのひとつに、福住仁嶺のThreeBond DragoCORSEからの参加があった。今季DOCOMO TEAM DANDELION RACINGで2勝を挙げてランキング2位となった福住が、1台体制で苦しみ無得点に終わったチームからテストに参加したのだ。

 12月初旬に2022年の参戦体制を発表したトヨタ陣営とは異なり、ホンダ陣営は未だ体制発表を行なっていない。そのため、果たして福住がThreeBond DragoCORSEに移籍するのかどうかは明らかにはなっていないが、この動きはTOM'SでスーパーGT王者に輝いた関口雄飛がトヨタからのオファーにより、陣営全体の底上げのためにSARDへと移籍した動きと似ている。

 しかし福住曰く、今回のテスト参加はホンダからのオファーではなく、自ら志願して実現したものだという。

「来年については現段階では分かりませんが、今回の合同/ルーキーテストに関しては、ThreeBond DragoCORSEでテストをしたいという風に自分から話をさせていただきました」

 福住はそう語った。

「この3年間、良いチームで走らせていただいていることにはとても感謝しています。ただ自分自身のスキルアップという点で言うと、良いチームで走っているとそこに頼ってしまう部分があります」

「自分でしっかりとクルマを作っていって、結果を出せるようになりたいというのが僕の新たな目標です。そういう理由で、自分の意思で志願させていただきました」

 2021年シーズンはタチアナ・カルデロンと塚越広大が12号車をシェアする形で参戦するも、入賞には届かなかったThreeBond DragoCORSE。福住は今回のテストで、これまで自身がドライブしていたDOCOMO TEAM DANDELION RACINGのマシンとの差を感じ、それをフィードバックとしてチームに落とし込んでいった。その結果、テスト2日目午後にはトップから約コンマ9秒落ちの10番手タイムをマーク。「自分にとってもチームにとってもポジティブな2日間だったと思います」と総括した。

 自分がさらに一段上のレーシングドライバーとなるため、今季苦戦したチームからのテスト参加を志願した福住。仮にこのままThreeBond DragoCORSEから2022年のスーパーフォーミュラに参戦することになった場合は、1年目から王座獲得などの大きな目標は設けずに、一歩一歩課題を解決していきたいと語っていた。近いうちに行なわれるであろうホンダの体制発表に注目だ。