2021年のF1は、メルセデスのルイス・ハミルトンと、レッドブルのマックス・フェルスタッペンがシーズン終盤まで激しいタイトル争いを展開し、両チームの関係もシーズン終盤になるにつれて緊迫したものになっていった。

 レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表と、メルセデスのトト・ウルフ代表はFIA記者会見やメディアを通じて衝突。お互いを批判し合うこともあった。

 最終戦アブダビGPで行なわれたシーズン最後のミーティングでふたりは握手を交わしたものの、アブダビGPレース終盤のセーフティカーによるリスタートをめぐる論争や、レース後のメルセデスによる抗議など、すっきりした決着とはならなかった。

 12月21日(火)、名誉あるロレンツォ・バンディーニ賞(その個性やレースに対する姿勢等の多方面において強い印象を与えたドライバー・関係者らに授与される賞)を受賞したF1のステファノ・ドメニカリCEOは、来年に向けてF1が取り組むべきことのひとつは、今季の失敗を長引かせないことだと述べた。

 なによりも、メルセデスとレッドブルがスポーツのために関係を修復することが重要だと彼は考えている。

 2022年に向けて不安はないかと問われたドメニカリは、次のように答えた。

「確信を持って生きている人たちは良く眠れるだろうね!」

「しかし、我々には多くの疑問があり、それに向き合わなければならない。最終的に管理しなければならない問題があるのだ」

「レッドブルとメルセデスの関係を日々評価している。彼らは関係を回復しなければならないし、何の利益にもならない個人的な衝突を避ける必要がある」

 メルセデスはチャンピオンの行方を決定づけたアブダビGP終盤のリスタートについて、今も憤慨している。この件に関する控訴は取り下げたものの、この出来事について調査するために設置された委員会を通し、FIAの責任を追及することを誓っている。

 F1オーナーのリバティ・メディアは、この問題はFIAのモハメド・ベン・スレイエム新会長に任せたいとして、この論争の影響について今のところ沈黙を守っている。

 この状況について、ドメニカリは次のように語った。

「我々はすでに会長と話をした。彼が直面しなければならない優先課題について話したが、それはたくさんある」

「しかし現段階では、非常に過熱していたエリアでこれ以上論争を起こさないために、沈黙を守るのが正しいことだ。だが、我々は20億人以上の人々に見守られる特別なシーズンを終えたのだと言いたい」

「アブダビGPは2021年のスポーツイベントの中で最もフォローされたイベントだった。これはとてつもない数字で、我々は誇りに思うべきだ」

「FIAの会長が変わったことで、我々にとって絶対的な役割を持つFIAのバランスも変わってくるかもしれない」