エステバン・オコン(アルピーヌ)は、チームメイトで2度のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソから「多くを学べた」と口にした。

 アロンソは2018年末に一度F1を離れ、2シーズンに渡りインディ500や世界耐久選手権(WEC)に挑戦した後、アルピーヌから再びF1へ復帰した。

 チームとしてもルノーからアルピーヌへと装い新たに望んだ2021年シーズンのハンガリーGPでは、アロンソの絶品ディフェンスが功を奏しオコンがF1初優勝を果たした。

 シーズン終盤のカタールGPではアロンソが7年ぶりの表彰台を獲得し、ふたりはチームのコンストラクターズランキング5位獲得に大きく貢献。シーズンを通して、オコンとアロンソという“若手×ベテラン”コンビはコース内外において友好的な関係を築けているように見えた。

 オコンはハンガリーGPでの優勝後、アロンソをチームメイトに迎えることで「トラブルを抱えることになる」という指摘は間違っていたと語っており、ふたりの関係性の良さが伺える。

 motorsport.comの取材に応じたオコンは2021年シーズンを振り返り、ふたりの関係性を「素晴らしいコラボレーション」と称して、自身のレベルアップに繋がる多くのモノをアロンソから学ぶことができたと感じていると語った。

「もちろん彼は伝説級のドライバーだし、めちゃくちゃ速い。ここ数年では、一番速いチームメイトだね」とオコンは言う。

「彼と一緒に仕事ができたことはとても嬉しいし、彼の側で多くのことを学べた。フェルナンドは、他のドライバーが考えつかない……常識にとらわれない考え方をする人だと思う」



「どうしたら全ての面で最適化できるかを、戦略として限界まで突き詰めているんだ。その点では、間違いなく学びは多かった。レース運びに関しても、彼から多くのことを学べたと思う。彼のオープニングラップを見れば、僕がいつも真似ていることだと分かるはず」

「僕は常に(スタートで)彼がどうしているのかを見ていたんだ。そのお陰で、シーズン終盤にはポジションを落とさず、逆にジャンプアップして、1周目をいい形で終えることができるようになったんだ」

「だから、彼のようなレジェンドと一緒に働けるのは光栄なことだと思うんだ」

 一方、アロンソもオコンを高く評価しており、オコンの走行ペースが2年のブランクから立ち直るのに役立ったと語っていた。

 ドライバーズランキングではアロンソがオコンを7ポイント上回る10位でシーズンを終えたが、予選順位では11対11のドローという結果だった。

「2021年の始めに、彼を参考にしようと決めたんだ。彼と同じペースで走れて、互いにプッシュし合えて良かった」とオコンは言う。

「それが最終的に、チームが最大限の力を発揮することに繋がった。持てるパッケージからほとんどのレースで最大限を引き出せたのは良かったね」