1月14日、ホンダはウエルカムプラザ青山で2022年のモータースポーツ参戦体制を発表。その中でスーパーGTの体制が明らかにされた。

 ホンダは2022年、ベース車両をNSX Type Sとする新モデルのNSX-GTを投入。新たなマシンで王座奪還を目指すこととなる。GT500クラスの顔ぶれには大きな変動はなかったが、サプライズは2021年限りで陣営を去ったベルトラン・バゲットの後釜となったドライバー。なんと松下信治が、塚越広大のチームメイトとしてREAL RACINGに加入する運びとなった。

 松下はかつて、ホンダのサポートの下で渡欧し、2020年シーズンまでヨーロッパを拠点にレースをしてきた。しかし2021年からは日産陣営の一員となり、TEAM IMPULのドライバーとしてスーパーGTに参戦していた。

 そんな松下は、2022年シーズンから名実ともに再び“ホンダドライバー”としてレース活動を行なうこととなった。なお彼にとって、ホンダ陣営でGT500を戦うのは初めてだ。

 その他のチームは、2021年の参戦体制を継続する。昨シーズン、惜しくもタイトルを逃したTEAM KUNIMITSUは、3年目となる山本尚貴と牧野任祐のコンビでリベンジを誓う。シーズン終盤に2連勝し、最終戦までタイトルを争ったARTAも、野尻智紀と福住仁嶺のコンビで継続だ。

 また、昨年ダンロップタイヤを履いた2チームの躍進にも注目だ。速さを見せながらも上位に食い込めないレースが続いたTEAM Red Bull MUGENは、笹原右京と大湯都史樹の若手コンビで再び旋風を巻き起こせるか。Nakajima Racingは伊沢拓也と大津弘樹の“師弟コンビ”で逆襲を期す。

 GT300クラスは、ラインアップに大きな変更があった。TEAM UPGARAGEは、小林崇志のチームメイトとして、太田格之進が加入。ARTAは武藤英紀と木村偉織のコンビに一新された。なお昨年FIA F4で活躍した太田と木村は、TODA RACING、B-Max Racingからそれぞれスーパーフォーミュラ・ライツに参戦することも併せて発表された。

ホンダ 2022年スーパーGT体制発表(GT500)

#8 ARTA
野尻智紀
福住仁嶺

#16 TEAM Red Bull MUGEN
笹原右京
大湯都史樹

#17 Astemo REAL RACING
塚越広大
松下信治

#64 Modulo Nakajima Racing
伊沢拓也
大津弘樹

#100 TEAM KUNIMITSU
山本尚貴
牧野任祐

ホンダ 2022年スーパーGT体制発表(GT300)

#18 TEAM UPGARAGE
小林崇志
太田格之進

#55 ARTA
武藤英紀
木村偉織