MotoGPは4月22日から第5戦ポルトガルGPが開幕。ヨーロッパラウンドの始まりを告げるこのレースで、ファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)は表彰台を目指したいとしている。

 ポルトガルGPは新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、2020年から再びカレンダー入りを果たした。かつてレースが行なわれていたエストリルではなく、アルガルヴェ・サーキットでの開催は3年目だ。

 2021年のレースではクアルタラロが優勝を果たしており、この年のタイトル獲得へ向けた勢いをつけることになった。

 王者として2022年を迎えたクアルタラロは、第2戦インドネシアGPで2位表彰台を獲得。しかしその他のレースでは表彰台争いに絡めておらず、ランキングではライバルの後塵を拝している。

 彼は7位に終わったものの、前戦アメリカズGPでの走りは楽しめたと話しており、ポルトガルGPでは表彰台を目指したいと意気込みをチームのプレビューに寄せた。

「オースティンでのレースはベストを尽くして楽しんだよ。コース上では良いバトルもあったし、学びも多かった」

「パフォーマンスには満足していたけど、ポルティマオでは表彰台を争いたい」

「昨年ここに来たときは僕が勝利している。レースは素晴らしいものだったし、またそんなふうにライディングしたいと思う。目標は常に1番になること、そしてベストを尽くすことだから、今後もそれを目指し続けていく」

 なおチームメイトのフランコ・モルビデリもポルトガルGPには期待を寄せている。昨シーズンは膝の怪我で厳しいものとなってしまったが、ポルトガルでは2020年に3位、2021年は4位と上位フィニッシュを果たしているため、楽しみだと語った。

「アメリカズGPは僕らにとって忘れられない週末になった。次のポルティマオは僕の好きなコースでもあるけど、サーキットは高低差があり肉体的な負荷が高く極めてチャレンジングでもある」

「昨年のグランプリでは、このジェットコースターのような性質が、膝の怪我を悪化させてしまったけど、今回は問題ないはずだ。2020年の3位、2021年の4位のようなライディングができるはずだから、楽しみにしているよ」