今年5月6日〜8日に初開催を迎えるマイアミGP。舞台となるマイアミ・インターナショナル・オートドロームの設計を担当したイギリスのエイペックス・サーキット・デザインは、グリップとタイヤへの攻撃性の低さを両立する“革新的な”路面を提供できると確信している。

 マイアミ・インターナショナル・オートドロームは、1周約5.4kmで反時計回り。ラップタイムは1分35秒、平均速度は217km/hを超えると予想されている。

 NFLのマイアミ・ドルフィンズの本拠地ハードロック・スタジアムを囲むように設置されていることもあり、コースの建設はNFLのシーズン終了やジャズの音楽フェスティバル、テニスの「マイアミ・オープン」などスタジアムで行なわれるイベントに合わせて進める必要があった。

 しかし、初開催に向け順調に建設は進み、2万4000トンのアスファルトが、3車線約78kmに渡り敷き詰められた。

 そのアスファルトには、一般的に堅牢性には欠けタイヤへの攻撃性が強い地元産の貝殻質の石灰岩“ライムロック”とジョージア州産の花崗岩を混ぜたモノが使用されている。そこにマイアミの路面が革新的である理由があるという。

「もちろん、アスファルト自体にも多くのエンジニアリングと分析が行なわれた」

 エイペックス・サーキット・デザインのプロジェクトディレクターのサム・ウォルティーはそう言う。

「FIAの規定では、アスファルトはレース開催日の60日前までに敷き詰めることとなっているが、我々はその目標をクリアした。(舗装による油がアスファルトから抜け)レースが始まる前には、十分に路面が整うはずだ」

「現在は接合材の表層が剥がれてきていて、ライムロック骨材が見え始めている。中から白い斑点が見えると思う」

「通常、ライムロックはF1のコースに使うには不向きな骨材だ。ひとつ目に、“砕けやすい”こと、もうひとつが“尖りやすい”ことだ。基本的にタイヤのデグラデーション(性能劣化)には良くなく、グリップも低下してしまう。しかしフロリダ州南部では、より攻撃性の高いこのライムロックが主流の骨材なのだ」

「しかし、我々のアスファルトの専門家グループR3が調査したところ、この地域の骨材は予想以上に硬く、世界中で類を見ないモノだったという。アメリカ・ジョージア州で採掘された花崗岩を60%混ぜることで、アスファルト混合物に適切な(タイヤへの)攻撃性をもたせることができる」

「R3は最近のF1サーキットに何かしらの形で関わっており、他のサーキットのデータに触れることが、良い参考になった」

「R3は南フロリダで、“我々の”ライムロックはシリカの含有量が非常に高いことを発見した。その質感はまるで小さなガラスの破片みたいだ。ライムロック自体が砕け劣化すると、シリカが多く露出する。そのため、他の地域のライムロックよりもタイヤデグラデーションを低く保つことができるのだ」

「花崗岩はジョージア州から列車で運ばれた。ライムロックは全て地元で採掘され、花崗岩とライムロックの組み合わせというのは、革新的なモノ……当初考えられていたモノではなかったのだ。しかし、私たちはこの結果にとても満足している」