レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、F1第3戦オーストラリアGPでマックス・フェルスタッペンのマシンに発生した燃料系のトラブルは、HRC(ホンダ・レーシング)の協力により解決されたと考えている。

 オーストラリアGPの決勝レースでは、フェルスタッペンは首位シャルル・ルクレールの後方2番手を走行していたが、レース39周目にマシンがストップ。開幕戦バーレンGPでフェルスタッペンとセルジオ・ペレスの両方に発生した燃料タンクのトラブルとは別件であり、燃料システムに関連するモノだとレース後にホーナーは説明していた。

 オーストラリアGPでフェルスタッペンのマシンに搭載されていたパワーユニット(PU)は炎に包まれており、このPUが再使用可能かを判断する必要があった。

 しかし、イギリス・ミルトンキーンズのレッドブル・パワートレインズの社屋は現在建設中であり、元ホンダF1のイギリス拠点HRD-UKには精密検査を行なえるだけの設備がないため、当該PUは日本の本田技術研究所のHRD Sakuraへと送られた。

 問題となった燃料系は本来シャシーに属するモノだが、HRD SakuraでのPUの精密検査とともに、今回のトラブルシューティングも行なわれたようだ。

「日本にいるHRCの仲間と協力し、彼らは原因を発見し、解決してくれた」

 そうホーナーはSky F1に対して語った。

「イモラに向けて対策はできたと信じている。何万キロも走行して問題がなかったパーツに、オーストラリアの最悪なタイミングで問題が起こるというのは、とても残念だった」

 motorsport.comがこのトラブルはポーパシングによる振動に関連したモノかと尋ねるとホーナーは次のように答えた。

「いや、そうではないと思う。追加調査によって、別の問題であることが分かった。燃料パイプの部品に問題があったのだ。HRCのスタッフが綿密な調査を行ない、解決策を講じてくれたのだ」

 レッドブルは開幕3戦で完走率は50%……この先のチャンピオンシップを鑑みても、第4戦エミリア・ロマーニャGPは「絶対に落とせないレース」となる。ホーナーもその点を強調している。

「我々にとって重要な週末になる」とホーナーは言う。

「(スプリントフォーマットにより)今回はより多くのポイントを獲得できるのだから、それを活かすためにも確実に完走したい。フェラーリとの差をまた広げる訳にはいかない。まずは(差を)広げることよりも、縮めることから始めないとね」

 ペレスは、レッドブルとHRCがマシンの信頼性トラブルの原因を理解し、それに対処できたことが励みになると語った。

「第一に希望を与えてくれるのは、僕らが抱えていた全ての問題、全ての信頼性トラブルについて理解し、解決できたことだ」とペレスは言う。

「これから先は、もう“サプライズ”がないと良いね。予想だにしないこともまだ起こるかもしれないけど、僕らは解決できたと感じている」

「毎レースで獲得できるポイントを確実に集めることが、僕らチームにとっても重要なことだ。これまではとても厳しかったからね」