スーパーフォーミュラ第3戦が行なわれている鈴鹿サーキットでは、予選日の4月23日(土)にHRC(ホンダ・レーシング)の体制発表に関する記者会見が実施された。その中でHRCは、レッドブル・ホンダRB16Bを日本のファンの前で走らせたいという意向を示した。

 レッドブル、そしてアルファタウリのパワーユニットサプライヤーとしてF1に参戦していたホンダは、2021年シーズンを最後にF1活動を終了。今回の会見でHRCの渡辺康治社長は、2022年のホンダはレッドブルとアルファタウリの“チームパートナー”という立場であり、レッドブル・パワートレインズの要請に基づき、HRCがPUを組み立てなどのサポートを行なっているが、2023年以降の支援体制に関しては「協議中」であると述べた。

 そんなホンダとレッドブルの信頼関係の象徴とも言えるのが、2021年のトルコGPを走った日の丸カラーのRB16Bだ。これは元々同年の日本GPで走る予定のカラーリングだったが、日本GPは中止に。その結果、予定されていた週末に代替レースとして開催されたトルコGPを走ったというわけだ。

 このマシンはシーズン終了後、2022年2月のホンダ・レーシング・サンクスデーで展示されると、会場には長蛇の列が。その後ホンダウエルカムプラザ青山でも展示され、好評を博した。

 とは言え、このマシンは本来鈴鹿サーキットを走る予定だったマシン。願わくば、鈴鹿を走る姿を一目見たい……そう思っているファンも少なくないのではないだろうか。ただ、現行のF1マシンを走らせるとなれば、レッドブルの協力は不可欠。今後のレッドブルとの協力体制の中で、RB16Bをサーキットで走らせるようなイベントの実施は可能なのか? HRCの企画管理部長である長井昌也氏に聞くと、次のように答えてくれた。

「ぜひ、やりたいと思っています」

「あのマシンは、昨年の日本GPを走るために作られたカラーリングです。日本GPが開催できないということで、(日本GPの開催予定日と)同じ日にトルコで走らせました。ただ、やはりここ鈴鹿で走るために作ったカラーなので、いつかぜひ、という思いはあります」

「今レッドブルとも、エキシビション関連ををどうしていこうかという協議をしています。防疫の話など、色々チャレンジングな面はありますが、条件を整え次第、そういったことを実施したいと思います。ご期待下さい」