F1エミリア・ロマーニャGPで、アルファタウリの角田裕毅は、ライバルとの戦いを勝ち抜いて7位入賞。予選でのクラッシュからリズムを崩してしまった1年前と比べて、自身でも大きく改善できていると感じていることを明かした。

 角田は、エミリア・ロマーニャGPの予選では大失敗。路面が急速に改善していく中、アタックのタイミングが早過ぎたこともあり、16番手でQ1敗退となってしまったのだ。

 この予選結果は、F1デビューした直後……1年前の同グランプリでの角田を思い出させるものだった。角田はデビュー戦バーレーンGPで9位入賞を果たした後、意気揚々とエミリア・ロマーニャGPに挑んだ。舞台であるイモラ・サーキットは、プライベートテストで旧型マシンを走らせたりと、ルーキーながら豊富な経験を手にしていたコースであり、角田も自信を持っていた。しかし予選Q1最初のアタックでクラッシュしてしまい、ノータイム。決勝では入賞圏内に近づいたものの、スピンしたことでポジションを落とし、ノーポイントでのフィニッシュとなった。

 ここから角田のリズムは崩れてしまい、以後は入賞できないレースが続くこととなった。

 その2021年エミリア・ロマーニャGPから1年。今年の角田は明らかに成長したようだ。前述の通り予選はうまくいかなかったが、スプリントでポジションを上げ、決勝レースでも安定した走りを披露。終始好ペースで走り、前を行くライバルたちを次々にオーバーテイク。堂々の7位入賞を果たしたのだ。

「去年と比べて、はるかに多くのことをコントロールできたように思います」

 角田はレース後にそう語った。

「去年の僕は、自分をコントロールできていませんでした。自分が何をしているのかも分かっていませんでした。全てのラップで限界まで攻めていましたから、ああいうこと(予選でもクラッシュなど)が起きたんです。でもそのことは、僕を成長させてくれました」

「ドライバーとしては、本当に良い学びになりました。その後、僕は悪いループにハマってしまいましたが、ドライバーとしては本当に良い学習になったんです」

「その後、僕は次のステップを踏み出すことができたので、今日のポイント獲得に繋がったと思います。去年と比べれば、特にレースペースで大きな一歩を踏み出せたと思っています」

 ドライブ中は、まだ叫ぶことがあるという角田。しかしそれを無線に乗せることは少なくなり、それにも自身の成長を感じていると角田は言う。

「多分……僕はまだ叫んでいると思います。でも、(無線の)ボタンを押していないんです。これは、おそらく去年と比較して大きな一歩だと思いますよ(笑)」

「でもとにかく、前よりも落ち着かせるようにしています。以前でも、エンジニアをリスペクトしていました。でも今は、よりリスペクトするように努めています。だから、無線で叫ぶ意味なんてないということに気づいたんです。だから落ち着いた声で、具体的に伝えるように、次のステップに進む必要があります。その点では、良かったと思います」

 今回のグランプリでは、各セッションでチームメイトのピエール・ガスリーを上回ってみせた角田。今後もガスリー同様のパフォーマンスを発揮できるかと尋ねられた角田は、次のように語った。

「分からないです。まだ時期尚早ですが、今週は彼と比較して、僕は非常に良かったと思います。これを続けていけるようにしたいと思います」

 なおデビュー戦バーレーンの後は、角田を称賛する記事などが相次いだ。F1のマネージング・ディレクターを務めるロス・ブラウンは、「ここ数年で最高のルーキー」と評し、アルファタウリのフランツ・トスト代表も「必ずチャンピオンになれる」と語った。F1の公式YouTubeでも、角田のデビュー戦の活躍を特集する動画を配信した。

 今回の活躍を受け、再び当時のような大絶賛を繰り広げようかと、記者から冗談を言われると、角田は次のように語って笑った。

「多分それには少し早いですよ。興奮しすぎないでください(笑)」

「ご存知のように、僕はまだ学んでいるところです。まだまだ学ぶべきことがたくさんあり、改善することがたくさんあると感じています。今はじっとしていますよ」