スーパーGTのGT300クラスに参戦する埼玉トヨペット Green Braveは、Aドライバーの吉田広樹が新型コロナウイルスに感染したため、第2戦富士は代役として菅波冬悟を起用すると発表した。

 吉田と川合孝汰のコンビで3年目を迎えた埼玉トヨペット Green Brave。2020年には2勝を挙げてランキング2位を獲得した。悲願のチャンピオンを目指して迎えた今季開幕戦岡山では、予選10番手からスタートするも決勝ではマシントラブルに見舞われ、クラス26位に終わった。

 そして第2戦富士を目前に控えた4月28日、チームは吉田が新型コロナに感染したこと、そして代役に菅波を起用することを発表した。菅波は昨年まで65号車LEON PYRAMID AMGのドライバーとして活躍。今季はスーパーGTのレギュラーシートを得られていないが、スーパーフォーミュラ・ライツなどに参戦している。

 なお埼玉トヨペット Green Braveは昨年、川合が新型コロナに感染した影響で第3戦鈴鹿を欠場。その際は番場琢が代役を務め、吉田とのベテランコンビでレースを戦った。今回は川合と菅波の若手ふたりで450kmレースを戦うこととなる。